サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopの教室 レッスンノート Photoshop 合成、補正の基本

Photoshop 合成、補正の基本

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

Photoshopの基本操作に加えて、簡単な画像補正についてレッスンしていきました。
画素数と解像度についてはとても大切な部分になるので、ぜひ復習しておきましょう。

レイヤーに分けて操作すること、選択範囲を作成しなければいけないということをまずは理解しましょう。
ビットマップデータという塗り絵を1色1色塗っていくために、どの部分を指定するのか、ということが大切なのです。

何かを消すという作業についてもレッスンしていきました。
コンテンツに応じる塗りつぶしがうまく働けばとても楽ですが、写真の内容によってはなかなか難しいですね。
部分的に、背景にあるべき色・形で塗っていく必要があります。
場合によっては非常に根気が必要な作業になります。

合成はそれぞれ要素をレイヤーごとに分けて、表示する部分と隠す(マスクする)部分を作るという流れが基本です。
レイヤーマスクという機能を利用すると合成はとてもスムーズになります。
新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした。 人物の肌補正についてレッスンしていきました。 「修正したい部分をコピーし、そこだけ色を変える」方法を紹介しました。 色域指定選択を利用して、補正したい色部分のみをコピーします。 調整レイヤーを直下のレイヤーにのみ適用させ、部分的に色調補正をかけます。 ...

レッスンおつかれさまでした。 レイヤーマスクを利用した合成についてレッスンしていきました。 レイヤーマスクを作成する時、作成した後の編集において選択範囲を利用するとスムーズです。 選択範囲を反転したり、レイヤーマスクから選択範囲を呼び出したりしながら効率的に作業を進めていけるとよいで...

レッスンおつかれさまでした。 プリンタ(スキャナ)の設定について、Photoshopの移行についてレッスンしていきました。 データは外付けHDDを利用して移行可能です。 プリンタ用のソフトウェアをインストールすればPCからも利用可能です。 (Wi-Fi環境での設定が必要なので、...

レッスンおつかれさまでした。 レイヤーを利用したコピースタンプツールでの修正、塗りつぶしを利用した画像補正などレッスンしていきました。 また、レイヤーをコピーし、変形とぼかしを加えたフレームなどの作成も行いました。 スマートオブジェクトにしてから変形やぼかしフィルターをかけましょ...

レッスンおつかれさまでした。 写真集制作の進め方についてレッスンしていきました。 実際にIllustratorなどでデータを作成する前に、しっかりと下書きがないといけませんね。 アイデアスケッチを繰り返しながらその精度をできるだけ上げていきましょう。 データで作成していくにして...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta