Web・デザインスクールPhotoshop教室レッスンノート 写真加工(羽をつける、ふんわり加工など)

写真加工(羽をつける、ふんわり加工など)

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でございました!
カメラマンさんとのことでいろいろお話しが伺えて楽しかったです!

クライアント様からご要望が多い、流行の写真加工レッスンをご希望されていらっしゃいましたので、今回は写真をふんわり優しい仕上がりや、自然な光が入る方法を実際にフォトショップに触っていただきながらレッスンさせていただきました。

【写真全体をふんわりさせる】
①元写真レイヤーを複製します。
②複製したレイヤーを「フィルタ」→「ぼかし(ガウス)」でぼかします。
③ぼかした複製レイヤーの不透明度をスライダーで下げて、元画像レイヤーに自然にぼかしがかかるようにします。

【写真中央をオーバー気味にする】
①オーバーにしたい部分を白で選択範囲を取り、塗りつぶします。(今回は楕円形選択ツールを使用しました。Alt+deleteで表の白色を塗りつぶします)
②塗りつぶしたレイヤーを「フィルタ」→「ぼかし(ガウス)」でぼかし、不透明度をスライダーで下げてちょうど良い塩梅にします。

【写真周りをアンダーー気味にする】
①先ほどオーバーにしたレイヤーのサムネイルをCtrlを押しながらクリックすると、白くぼかした部分が選択されるので、今度は上のツールバーの「選択範囲」から「選択範囲の反転」を選ぶと背景側に選択が取れます。
②その選択範囲を先ほどの塗りつぶしの方法でグレーなど、黒に近い色で塗りつぶします。
③「②」で塗りつぶしたレイヤーを「描画モードの乗算」にすると、色が落ちて、下の画像と馴染み、アンダー感が出ます。

お話しをお伺いすると、お子様に羽をつけるのは、素材を使用して、それをぼかしたり透明にしたり光彩をつけたりしている可能性が高いですね。

他にもヒストリーやレイヤー順序の重要性、RGBとCMYK
の違いなどをご説明させていただきました。

やること自体は難しいことではありませんので、短時間で習得できるようにお手伝いさせていただければ嬉しいです!
このレッスンノートを書いたコーチ

ゲーム・アニメ系が得意!未経験でもプロが実務レベルまで優しくサポート

Photoshop教室
水島いずな (Photoshop)

川崎・横浜・恵比寿・渋谷・新宿・武蔵小杉・武蔵中原・溝の口・登戸・鶴見・東神奈川・大...

レッスンノート ページ先頭へ