サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopの教室 レッスンノート 切り抜きの基本操作

切り抜きの基本操作

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンおつかれさまでした。

今回はPhotoshopの基本操作と切り抜きについてレッスンしていきました。
切り抜きの基本は選択範囲を作成することです。

選択範囲は拡張と縮小ができます。Shiftでプラス、Altでマイナスですね。
選択範囲を作るための方法がいくつもあり、分かりにくいですが、素材の内容によってツールを使い分ける必要が出てきます。

クイック選択ツールとなげなわツールの組み合わせを僕はよく使っている気がしますね。

選択範囲を反転し、デリートすれば消去になります。
デリートしてしまうと画像そのものが無くなってしまうので、
選択範囲を保存することで何回でも展開することが可能になります。
保存はチャンネルパネルに保存されます。

このアルファチャンネルを利用し、表示範囲と非表示範囲を作る機能が後半に紹介したレイヤーマスクです。
レイヤーマスクを追加すると、白い部分は表示され、黒い部分は非表示になります。
非表示といっても消されるわけではなく、透明になっている状態をキープできるということです。

合成はレイヤーマスクを使って行われます。
二枚の画像をレイヤーにわけて重ね、下の画像を一部分だけ表示させると合成画像になります。

他にもテキストツールやブラシツールなどを使っていきました。
レイヤーに分けることで効率的に作業を進めていきます。
このレッスンノートを書いたコーチ

70代まで指導する、美大卒コーチ!あなたのオリジナリティ生かします。

新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした! なかなかPC版とは違って、できることに制限がありますが、 その分直感的に使えるようにはなっていると思います。 今後も便利にアップデートされていくとは思うので、引き続き使いながら学習していけると良いと思います!

レイヤーついては、どのレイヤーで作業しているかを常に意識することが大切ですね。 うっかりと別のレイヤーで作業してしまうと修正が大変になることもあります。 選択範囲はレイヤーをまたぐので、その感覚をはやくつかめるとよいですね。

選択範囲、レイヤー、合成変形などについてレッスンしていきました。

ipad版Photoshopについてレッスンしました。

体験レッスンおつかれさまでした! Photoshopをつかって簡単なバナー(のようなもの)を作ってみました。 画面の見方、基本ツールの紹介などレッスンできたかなと思います。 特にレイヤー、選択範囲については覚えておきたいですね。ぜひ復習してみてください。

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta