Web・デザインスクールPhotoshop教室レッスンノート 切り抜きの基本操作

切り抜きの基本操作

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンおつかれさまでした。

今回はPhotoshopの基本操作と切り抜きについてレッスンしていきました。
切り抜きの基本は選択範囲を作成することです。

選択範囲は拡張と縮小ができます。Shiftでプラス、Altでマイナスですね。
選択範囲を作るための方法がいくつもあり、分かりにくいですが、素材の内容によってツールを使い分ける必要が出てきます。

クイック選択ツールとなげなわツールの組み合わせを僕はよく使っている気がしますね。

選択範囲を反転し、デリートすれば消去になります。
デリートしてしまうと画像そのものが無くなってしまうので、
選択範囲を保存することで何回でも展開することが可能になります。
保存はチャンネルパネルに保存されます。

このアルファチャンネルを利用し、表示範囲と非表示範囲を作る機能が後半に紹介したレイヤーマスクです。
レイヤーマスクを追加すると、白い部分は表示され、黒い部分は非表示になります。
非表示といっても消されるわけではなく、透明になっている状態をキープできるということです。

合成はレイヤーマスクを使って行われます。
二枚の画像をレイヤーにわけて重ね、下の画像を一部分だけ表示させると合成画像になります。

他にもテキストツールやブラシツールなどを使っていきました。
レイヤーに分けることで効率的に作業を進めていきます。
このレッスンノートを書いたコーチ

70代まで指導する、美大卒コーチ!あなたのオリジナリティ生かします。

Photoshopの教室
小西シュンヤ (Photoshop)

東京・恵比寿・渋谷・新宿・池袋・上野・有楽町・吉祥寺・中野・阿佐ケ谷・明大前・下北沢...

レッスンノート ページ先頭へ