Web・デザインスクールPhotoshop教室レッスンノート Photoshop画像補正基礎

Photoshop画像補正基礎

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

今回はまずPhotoshopで扱うビットマップ画像についてのレクチャーからスタートしました。

画素と解像度ですね。
画素数が多ければ多いほどデータ量は大きくなります。
解像度が高ければ高いほど画像は細かくキレイになりますが、印刷サイズは小さくなっていきます。

Webで使用する画像の場合は72dpi程度、
紙に出力する際は350dpi程度の解像度が目安です。
ひとまずはこの数値を覚えておきましょう。

解像度は後からでも変更できますが、画素数は後から増やすことはできません。
画像が元々持っている画素数を大切にしましょう。

レッスンではPhotoshopを使って部分的に色を変更しました。
自動選択ツールで色を変えようとする部分をクリックして選択範囲を作成します。
許容値を変えながらちょうど良い選択範囲になるように調整していきます。

今回は調整レイヤーを利用して、選択した範囲にだけ色調補正を施すやり方を紹介しました。
画像を直接補正するのではなく、レイヤーに分けて補正し、管理するやり方です。
難易度は高いですが、このやり方をぜひ覚えて欲しいと思います。
復習してみてくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

70代まで指導する、美大卒コーチ!あなたのオリジナリティ生かします。

Photoshopの教室
小西シュンヤ (Photoshop)

東京・恵比寿・渋谷・新宿・池袋・上野・有楽町・吉祥寺・中野・阿佐ケ谷・明大前・下北沢...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta