Web・デザインスクールPhotoshop教室レッスンノート 【体験レッスン:Photoshopでの色調整】

【体験レッスン:Photoshopでの色調整】

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!
レッスン終了後はこちらの「レッスンノート」という、レポートのようなものを送らせていただいております。
文字のみの情報ですのでわかりにくい部分もあるかと思いますが、レッスン後の復習等にご活用ください!


さて、体験レッスンでは「写真の色味の調整」という作業を行ってみました。
方法はいろいろとあるのですが、今回は一番スタンダードな「トーンカーブ」を使った方法で行いました。
レッスンの繰り返しになりますが、簡単に使い方をまとめておきますね。


「イメージ」メニュー→「色調補正」で「トーンカーブ」を選択すると、トーンカーブパネルが出てきます。
トーンカーブは基本的には、写真全体に対して効果があります。
このときに、選択範囲を作っておけば、選択範囲にのみ効果を適用させることも可能です。
部分的な調整が必要な場合や、パーツごとに調整をかけていく場合は、先に選択範囲を作っておきます。


基本的な使い方は、真ん中にある曲線グラフのような部分を好みでカーブさせていきます。
RGBモードの場合は、曲線を上に向けることで明るく(色味が弱く)、下に向けることで暗く(色味が暗く)なります。

グラフは、右上に行くほど「写真の中の明るい(白い)部分」、左下に行くほど「写真の中の暗い(黒い)部分」を表しています。
例えば写真全体の暗い部分を少し明るくしたい、というような場合は、左下に近いところを掴んで上にカーブさせるような感じで調整していきます。

この掴むポイントは複数作ることが可能です。
細かくポイントを作ってカーブを整えていくことで、「暗いところは明るくしつつ、逆に明るいところは少し暗くする」というような調整もトーンカーブのみで行うことができます。

トーンカーブはさらに、チャンネルを指定することで細かい色味の調整をすることも可能です。
デフォルトは「RGB」というチャンネルになっており、これは「すべての色」を表しています。
このチャンネルを例えば「R(レッド)」にすると赤みだけの調整、「B(ブルー)」にすると青みだけの調整…というように使うことが出来ます。


この他にも更に細かい設定方法等ありますが、基本はだいたいこんな感じです。
先にも書きましたが、選択範囲をかなり細かく作成しパーツを細分化することによって、トーンカーブのみでもかなりの色調整を行うことが可能です。

ひとまずは、全体的に明るさやコントラストを整えたあと、細分化させて色味を調整する…という方法がしっくりくると思います♪



レッスンでは他にも「カラーバランス」等を使った調整も行ってみました。
こちらもトーンカーブと同様、選択範囲作成でパーツを細分化していくことで、よりしっかりとした調整を行っていくことが可能です。


このように、Photoshopでより自分の思い通りに写真の色味を調整したい場合は、選択範囲の作り方、というものが重要になってきます。
今後のレッスンでは、選択範囲の作り方についてもじっくりお話していきたいと思います。


ご質問やご相談等ございましたら、お気軽にメッセージくださいね。
次回もお会いできますこと、楽しみにしております。
お疲れ様でした!
このレッスンノートを書いたコーチ

関西ノリが面白い!イラストも書ける、現役DTP・WEBデザイナー

レッスンノート ページ先頭へ