Web・デザインスクールPhotoshop教室レッスンノート 体験レッスン:写真2枚をぼかして並べる方法

体験レッスン:写真2枚をぼかして並べる方法

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!
レッスン終了後はこちらの「レッスンノート」という、レポートのようなものを送らせていただいております。
文字のみの情報ですのでわかりにく部分もあるかと思いますが、レッスン後の復習等にぜひご活用ください!

さて、体験レッスンでは、「写真2枚をぼかして並べる」ということをやってみました。

◎消しゴムを使う方法
写真を2枚並べて境界部分を消しゴム(ソフト円ブラシ)消去していくだけでも、ぼかして重ねることは可能です。
ただ、この方法だと写真を直接消去してしまうので、後からやり直したい…というときに修復することができません。
また写真の元データを開いて移動させ……と一からやり直しになってしまい、ちょっと面倒です……。

◎レイヤーマスクを使う方法
レイヤーマスクという機能を使うことで、元の写真を直接いじることなく、ぼかすという表現が可能になります。
こちらの方法だと、後から調整するのも自由ですし、レイヤーマスクを削除してしまえば、写真はすぐに元通りです!

【レイヤーマスクの使い方】
1.レイヤーマスクを使いたいレイヤーを選択し、レイヤーパネルから「レイヤーマスク」をクリック
2.マスクしたい(隠したい)ところをブラシ等で、黒色で塗っていく
3.黒く塗られたところはマスクされ透明状態になる
4.逆に元に戻したいところは白色で塗る
5.レイヤーマスクを削除したいときは、レイヤーマスクをゴミ箱に捨てればOK

レイヤーマスクは黒と白のグレースケールで表現していきます。
透明にしたいところを黒、元に戻す時は白と覚えてください♪
今回のように境界線をぼかしたりする他に、対象物の切り抜きをするようなときにも使えて非常に便利ですので、ぜひ覚えてみてください!

◎境界線の調整
人の髪の毛や動物の毛など、フワフワしたものを切り抜くときに便利な機能が、「境界線の調整」です。
レッスンで少しだけ触れてみましたので、こちらも簡単にまとめておきますね。

【境界線の調整の使い方】
1.ざっくりと選択範囲を作成する(選択系のツールであれば何を使ってもOK)
(人の身体や服など、境界がはっきりしている部分は、しっかりと選択範囲を作るほうが仕上がりがキレイになります)
2.画面上部のオプションバーに「境界線の調整」というボタンが出てくるので、それをクリック
3.「境界線を調整」というパネルが出てくるので、各スライダーやブラシを使って調整していく
4.調整が出来たら、「出力先」を選択して「OK」をクリック

※あくまで自動のツールなので、完璧にキレイにできるわけではありません。
最後はブラシや消しゴム、レイヤーマスク等を使い、微調整をしていきます。

他にも細かいことをいくつか行ってみました。
何かご質問やご不明点がございましたら、お気軽にメッセージくださいね。

この度は体験レッスン、誠にありがとうございました。
お疲れ様でした!
このレッスンノートを書いたコーチ

関西ノリが面白い!イラストも書ける、現役DTP・WEBデザイナー

レッスンノート ページ先頭へ