サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopの教室 レッスンノート WebとPhotoshop

WebとPhotoshop

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

今回はWeb作成におけるPhotoshopの役回り、PhotoshopとIllustratorの関係などをレッスンにてご紹介していく格好となりました。

どこまでを素材として準備するかを検討することが大切ですかね。
コーディングとの兼ね合いも影響します。
スライス機能も効果的に利用して素材を書き出しましょう。

文字の扱いも、コーディング時に校正可能な状態で工程を用意できるとよいと思います。

レッスン後半は実際にビジュアルを作成する流れをお見せしました。
アプリケーションの使い方は知識と技術なので覚えてしまえばよいのですが、"どんなイメージ"を作りたいかという部分が大切です。
そこはなかなか一筋縄では鍛えられない部分なので、日頃からアイデアやイメージをスケッチできるような環境作りから始めると良いと思います。
アプリケーションはそんな想像力を手助けする道具として位置付け、学んでいけると理想的ですね。
新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした。 人物の肌補正についてレッスンしていきました。 「修正したい部分をコピーし、そこだけ色を変える」方法を紹介しました。 色域指定選択を利用して、補正したい色部分のみをコピーします。 調整レイヤーを直下のレイヤーにのみ適用させ、部分的に色調補正をかけます。 ...

レッスンおつかれさまでした。 レイヤーマスクを利用した合成についてレッスンしていきました。 レイヤーマスクを作成する時、作成した後の編集において選択範囲を利用するとスムーズです。 選択範囲を反転したり、レイヤーマスクから選択範囲を呼び出したりしながら効率的に作業を進めていけるとよいで...

レッスンおつかれさまでした。 プリンタ(スキャナ)の設定について、Photoshopの移行についてレッスンしていきました。 データは外付けHDDを利用して移行可能です。 プリンタ用のソフトウェアをインストールすればPCからも利用可能です。 (Wi-Fi環境での設定が必要なので、...

レッスンおつかれさまでした。 レイヤーを利用したコピースタンプツールでの修正、塗りつぶしを利用した画像補正などレッスンしていきました。 また、レイヤーをコピーし、変形とぼかしを加えたフレームなどの作成も行いました。 スマートオブジェクトにしてから変形やぼかしフィルターをかけましょ...

レッスンおつかれさまでした。 写真集制作の進め方についてレッスンしていきました。 実際にIllustratorなどでデータを作成する前に、しっかりと下書きがないといけませんね。 アイデアスケッチを繰り返しながらその精度をできるだけ上げていきましょう。 データで作成していくにして...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta