Web・デザインスクールPhotoshop教室レッスンノート Photoshopの基本操作など

Photoshopの基本操作など

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
今回の内容簡単にですがまとめておきますね。

◆選択範囲
 選択ツールなどによって作られた破線のエリアを選択範囲といいます。
 選択範囲を作成するとその中のエリアにしか操作(塗り、削除、コピー、切り取りなど)を行うことができません。
 意図した選択範囲を如何にうまく作れるようになるかはPhotoshopで何をするにしても重要になってきます。

本日ご紹介させていただきました選択ツールは以下の2つです。

 ○自動選択ツール
  画像内の指定した場所の色を基に、コンピューターが自動で近似色を判定して
  その色のエリアに選択範囲を作ります。

 ○なげなわツール
  画像内をマウスでドラッグして使用します。
  ドラッグして描いた線の形に選択範囲を作ります。

 ○多角形選択ツール
  画像内をクリックして点を取っていきます。
  コンピュータはその点と点を結ぶ直線を基に選択範囲を作成します。

 ○マグネット選択ツール
  開始点(画像内のクリックした箇所)からマウスでなぞるようにして線を
  引いていきます。線は輪郭線にある程度自動で沿ってくれますが、きちんと
  なぞらないとすぐにはみ出してしまいますのでご注意ください。なぞり終わったら
  ダブルクリックで線を選択範囲に切り替えます。

◆レイヤー
 オブジェクト(画像、文字などのこと)の重ね順や不透明度などをレイヤーを使って管理しましょう。
 レイヤーは画面右下のレイヤータブで管理します。
 オブジェクトは個別のレイヤーもしくは同一のレイヤーで管理することが可能です。
 また選択したレイヤー同士を結合して一つのレイヤーにまとめることも可能です。


○編集(過程)データの保存
    (画面上部ツールバーの ”ファイル” → ”保存”)
  編集した(または途中の)データを保存する場合は基本的に
  PSD(PhotoShop Data)の形式で保存してください。
  ほかの形式にするとレイヤーなどの情報がなくなって再編集することが
  できなくなる場合があります。
このレッスンノートを書いたコーチ

CG映像制作を中心に活動。あなたのステップアップをじっくりお手伝い

初心者からのPhotoshop教室
吉田僚太 (Photoshop)

高槻・新大阪・梅田/大阪・尼崎(JR)・三ノ宮・天王寺・京橋・難波・堺・中百舌鳥・淀...

レッスンノート ページ先頭へ