Web・デザインスクールPhotoshop教室レッスンノート レッスンお疲れ様でした。今回は...

レッスンお疲れ様でした。今回は...

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
今回は選択範囲の作り方、レイヤーを活用した切り抜き、加工、
レイヤースタイルの設定を行いました。

◆選択範囲作りのポイント
選択範囲を作る画像を見て、まずどのツールが選択範囲を作るのに適しているかを考えましょう。

◯選択範囲を作りたい部分の色が周りの色とハッキリ分かれている
自動選択ツールを試してみましょう。
画面下側のオプション 許容値をうまく調整する事で簡単に選択範囲を作れるかもしれません。


◯選択範囲をを作りたい部分の色が複雑である
マグネット選択ツールを使ってみましょう。
コツは拡大して極力境界線の上をなぞる事です。
どうしてもマグネット選択ツールが境界線をなぞれない時は諦めて選択範囲を追加、削除して調整しましょう。

◆ショートカットキー
選択範囲内を複製 = ctrl + J


◆レイヤースタイル
レイヤーに効果をつける事ができます。効果は何度も変更が可能です。
1)レイヤーパネルでレイヤースタイルを設定したいレイヤーを選択します。

2)画面上側ツールバーのレイヤーよりレイヤースタイルの設定を選びます。

3)レイヤースタイルを設定するパネルが出てきますので、任意に設定して下さい。


◆調整レイヤー
レイヤーパネル上部のボタンから調整レイヤーを追加します。
調整レイヤーの種類によって効果が変わりますので色々と試してみましょう。
調整レイヤーは他のレイヤーと同じ扱いになりますので、レイヤーの重なり順に気をつけましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

CG映像制作を中心に活動。あなたのステップアップをじっくりお手伝い

初心者からのPhotoshop教室
吉田僚太 (Photoshop)

高槻・新大阪・梅田/大阪・尼崎(JR)・三ノ宮・天王寺・京橋・難波・堺・中百舌鳥・淀...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta