サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 愛知 タグチ・Photoshopスクール レッスンノート レッスンお疲れ様でした。今...

レッスンお疲れ様でした。今...

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今日は、事前にご自分で作成されたポストカードを基に、作業時に疑問に思った箇所の
説明を行いました。

まず、文字のレイアウトに関してです。
文字については、フォントの選択などは右クリックやコントロールパネルでもできますが、細かな設定を行いたい場合は、文字パネルと段落パネルを使ってください。
両方とも、コントロールパネルに「文字」「段落」という青い文字(リンク状態)が
表示されているので、そこをクリックすると、パネルが展開されます。
そこで、行間や段落前・後の間隔を設定すると、思ったようなレイアウトができるはずです。

また、タブやインデントもご紹介しました。
タブは、ちょっと奥の方にあってわかりにくいかもしれませんね。
「ウィンドウ」の「書式」から「タブ」を選択すると、小さなルーラーが表示されます。
このルーラーの目盛りの上の少し空いている空間でクリックすると、矢印が表示され
ます。これがタブの設定位置です。マウスで任意の位置に移動してもいいし、数値を入力しても、どちらでもかまいません。

他にも、今日はクリッピングマスクの復習をしました。
クリッピングマスクは、配置した画像を表示したい部分だけをマスクをかける機能です。
必ず、画像データは下、型抜きしたい(マスクしたい)図形を上の状態で、この二つのオブジェクトを選択し、クリッピングマスクの設定をしてくださいね。

最後に、オブジェクト同士の整列もご紹介しました。
特に基本となるオブジェクトがある場合は、整列したいオブジェクトすべてを選択した後に、基本となるオブジェクトを再度クリックすると、そこだけ太く選択されたのが確認できましたよね。これが、基本となるオブジェクトなので、これらを上手に使いわけてレイアウトしてください。
新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 ご質問のあった、楕円形の中に文字情報を入力する方法について、ご説明しました。 これは、エリア内文字ツールを利用すると簡単にできます。 文字を入力したいオブジェクトを作成し、文字ツールを通常の文字ツールではなくエリア内文字ツールに変更して、先ほどのオブジェクト...

レッスンお疲れ様でした。 今日のご質問は、Illustratorのファイルを開いた時に、リンクが切れてしまうものがあるということでした。(画像データは正しい位置にある) これの解決法は、圧縮ファイルを解凍する時は、ダブルクリックではなく、右クリックをして「ファイルを展開する」を選択...

レッスンお疲れさまでした。 今日は,短時間での説明になってしまい、申し訳ありませんでした。 でも、データを確認させていただいたところ、本日お話したリンク切れの問題だけだと思います。 先方のデザイナーさんに、 ・もらったデータを解答したところ、ファイル名が文字化けしてしまったこと...

レッスンお疲れ様でした。 今日は、ご質問のあった文字の修正について説明しました。 まず、結果的にアウトライン化された文字を元の文字データに戻すことはできません。 今回拝見したデータは、すでにアウトライン化されたものだったので、 新しく入力しなおさないと修正することができません。 ...

レッスンお疲れ様でした! 今日は、事前にご自分で作成されたものをもとに、疑問点に答えることと パターンの作り方をご説明しました。 まず、パネル類はご自分でカスタマイズできるので、使いやすいように 位置やオプションを変更しておいてください。 どんな種類のパネルにもオブションの表...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta