Web・デザインスクールPhotoshop教室レッスンノート レッスンお疲れ様でした。今...

レッスンお疲れ様でした。今...

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今日は、事前にご自分で作成されたポストカードを基に、作業時に疑問に思った箇所の
説明を行いました。

まず、文字のレイアウトに関してです。
文字については、フォントの選択などは右クリックやコントロールパネルでもできますが、細かな設定を行いたい場合は、文字パネルと段落パネルを使ってください。
両方とも、コントロールパネルに「文字」「段落」という青い文字(リンク状態)が
表示されているので、そこをクリックすると、パネルが展開されます。
そこで、行間や段落前・後の間隔を設定すると、思ったようなレイアウトができるはずです。

また、タブやインデントもご紹介しました。
タブは、ちょっと奥の方にあってわかりにくいかもしれませんね。
「ウィンドウ」の「書式」から「タブ」を選択すると、小さなルーラーが表示されます。
このルーラーの目盛りの上の少し空いている空間でクリックすると、矢印が表示され
ます。これがタブの設定位置です。マウスで任意の位置に移動してもいいし、数値を入力しても、どちらでもかまいません。

他にも、今日はクリッピングマスクの復習をしました。
クリッピングマスクは、配置した画像を表示したい部分だけをマスクをかける機能です。
必ず、画像データは下、型抜きしたい(マスクしたい)図形を上の状態で、この二つのオブジェクトを選択し、クリッピングマスクの設定をしてくださいね。

最後に、オブジェクト同士の整列もご紹介しました。
特に基本となるオブジェクトがある場合は、整列したいオブジェクトすべてを選択した後に、基本となるオブジェクトを再度クリックすると、そこだけ太く選択されたのが確認できましたよね。これが、基本となるオブジェクトなので、これらを上手に使いわけてレイアウトしてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

商社での指導や雑誌作成経験!MacユーザーもOK

タグチ・Photoshopスクール
田口奈緒子 (Photoshop)

名古屋・栄・池下・覚王山・本山・星ヶ丘・久屋大通・矢場町・丸の内・国際センター

レッスンノート ページ先頭へ