趣味の習い事ペン習字教室レッスンノート ★自由課題★

★自由課題★

ペン習字教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

こんばんは!
先日はレッスンお疲れさまでした。
ご自宅で書かれたものを拝見させていただきましたが、全体的にたいへん伸びやかに字形よくまとめられていました。
今回さらに一歩踏み込んだお話をさせていただきましたが、理解力の高さはさすがですね!!

それではさっそくレッスンのおさらいです。


★ご自宅で書かれたものを添削
(漢字・平仮名・片仮名)

*「極.彼.女.供.片.版.暖.泳.発.優.明.治.神.博.擬.便.泣.大.」については、字形、線質ともに申し分ありません。

*「い.く.た.つ.て.ハ.テ.ナ.サ.ロ.ヌ.」についてもたいへん結構です。

*「悪」「奏」の一画目が、長い横画のように凸形に膨らんでしまいました。短くてこのようにそる横画は、ほとんどありませんので注意しましょう。

*一文字の中にできる余白が等しく見えるように書くことは大切です。「郵、都、郡」のように「へん」より「つくり」の画数が少ない場合、「へん」を大きめに、「つくり」をやや小さく書くとよいでしょう。
また、「模」は「へん」より「つくり」の画数が多いので、逆になります。「つくり」を大きめに書きます。

*「緊」についても、上部に対して画数の少ない「糸」を小さめに書かれるとバランスがよいですね。

*「話」などの「言 (ごんべん)」は、「口」部分がやや大きすぎる傾向にあるようです。添削箇所を参考に、「口」の一画目をもう少し右にずらして書かれるとよいでしょう。

*「宮」は、上の部分の中心と下の部分の中心を垂直線上に合わせて書くのがポイントです。

*「は、ま、よ、ほ」は「むすび」を書く際、方向が左に大きく変わりますので、助走的な動きを加えると書きやすいでしょう。縦方向の線は「むすび」に入る少し手前から徐々に右方向に運筆しながら大きく左に弧をえがきます。

*「ゆ」「る」の左下は「折り返し」になりますが、その後の「右まわし」で右肩が下がらないよう注意して書きましょう。

*「せ」は、二画目がやや短すぎたようです。また、二、三画目は、やや上下にずれてはいますが、向勢を取り入れ、(外側にふっくら)円みを強調します。

*「チ、エ、ユ」の長い横画は凸形に伏せて書きますが、ややその動きが大きすぎたようです。

*「マ、ア」の一画目左払いは、もう少し大きく弧をえがくように運筆するとよいでしょう。


長くなりましたが、以上です。
細かい点を添削させていただきましたが、そこがかわってくると、文字の中の余白もかわり、文字の雰囲気がまた大きくかわってきますので、意識して練習してみてくださいね。

本当にお疲れさまでした!!
このレッスンノートを書いたコーチ

大学を卒業後、書道の専門学校に進学!専門士の称号を保有する実力派コーチ

凜華のペン習字講座
啓明院凜華 (ペン習字・ボールペン字)

平塚・小田原・町田・海老名・相模大野・本厚木・愛甲石田・伊勢原・鶴巻温泉・東海大学前...

レッスンノート ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!