趣味の習い事ペン習字教室レッスンノート ★自由課題★

★自由課題★

ペン習字教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

こんにちは!先日はお疲れさまでした。
久しぶりのレッスンでしたが、普段から文字を書いていらっしゃるだけあって、文字の組み立て方に工夫が見られ、全体的にバランスよくまとめられました。

それでは、さっそくレッスンのおさらいです!

★お名前、ご住所
★活字を書き文字におこす(カップに書かれたメッセージなど)
★口頭試問
★左右から成る文字の組み立て方(復習)

*全体的に文字を明るくバランスよく仕上げられました。さらに、「花」 「神」は一文字の中にできる余白(白い部分)が等しく見えるように書かれるとよいでしょう。「花」は二、三画目の間がやや狭く、五、六画目の間がやや広くなったのが惜しいところです。

*「奈」「熱」などの「点」はやや大きすぎたようです。

*ご住所は、文字の大小関係に工夫してよく書かれています。特に「川」「県」については、字形、線質ともに申し分ありません。

*「熱」は筆順にご注意ください。

*「奈」は、上の部分(大)の中心と、下の部分(示)の中心を垂直線上に合わせて書くと良いでしょう。

*「塚」のように左右から成る文字は、「へん(土)」の中心をできるだけ文字全体の中心に寄せて書きます。この場合、一画目の長さは縦画を挟んで左:右が長:短の関係になります。
また、「つくり」のように左払いが並ぶ時は、下に行くにつれて、方向をたてるようにします。すなわち、左下が放射状に開き、右上に焦点ができる関係になります。

*「給」のように左右から成る文字は、「へん」の右端をできるだけ垂直線上に揃えて書きましょう。今回、六画目の点をもう少し小さく、立てて書くとよいようです。

*「算」は「目」の縦画が下にすぼまったのが惜しいところです。垂直方向を意識して書きましょう。

*「む」は結びの位置にご注目ください。活字だと縦画の真ん中あたりですが、手書きになると一番下の方になります。

*「都」は、九画目後半の筆遣い(ペン遣い)を少しかえただけで字形よく仕上がりました。忘れないよう、復習しておいてくださいね。

それでは、また次回レッスンも頑張りましょう!

本当にお疲れさまでした!!

      
このレッスンノートを書いたコーチ

大学を卒業後、書道の専門学校に進学!専門士の称号を保有する実力派コーチ

凜華のペン習字講座
啓明院凜華 (ペン習字・ボールペン字)

平塚・小田原・町田・海老名・相模大野・本厚木・愛甲石田・伊勢原・鶴巻温泉・東海大学前...

レッスンノート ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!