趣味の習い事ペン習字教室レッスンノート ★手紙縦書き(行書)・左払い 右払いを持つ文字★

★手紙縦書き(行書)・左払い 右払いを持つ文字★

ペン習字教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日はレッスンお疲れさまでした!
ご自宅で書かれた「縦書きの手紙(行書)」を中心に添削させていただきましたが、後半、漢字の組み立て方についても進めることができました。
楷書でしっかり書けるようになると、文字を行書で書いた場合も、字形が崩れることはありませんので、とても良い勉強になるかと思います。

それでは、さっそく前回のおさらいです!

★手紙縦書き(行書)の添削
★左払い、右払いを持つ文字を書く(人.大.火.天.入…)

*「今年も、ごしの、また、日頃」については申し分ありません(行書)。

*「入場券(楷書)」についても同様です。

*「す」の字源(もとになった漢字)は「寸」であることから、一画目は長く、二画目の終筆は短く書きましょう。

*「と、こ」は小さく書くと調和よく仕上がります。

*「お世話」は文字の大きさが等しく見えるように書きましょう。平仮名<画数の少ない文字(世)<画数の多い文字(話)を意識してみてください。

*「と」は一画目から二画目に移る際、いったんしっかり止める動きを加えると書きやすくなるでしょう(行書)。

*「申し」で連綿を使う場合、「申」の五画目を書き終えた反動で 左に「し」を書くと生き生きとした線で書くことができます。

*「とう」を連綿を使って書く場合は、焦らず、ゆっくり丁寧に書くことが大切です。

*「様」は一画目を思いきって左に長く書かれると、全体がバランスよく仕上がるでしょう。

*「気」のように、「そり」を持つ文字は、横画の右上がりを強めて書くとバランスよくまとまります。

*「大、天」のように横画の中央部に左払いが交差する場合は、左払いの前半部分をほぼ垂直方向に保つように書きますが、その後、「月」の一画目のように長く縦方向に運筆してしまうと、右払いとのバランスがうまくいきません。円みをつけて徐々に左方向に運筆してみてください。

以上です。
漢字もポイントをおさえて書くと、手本にとらわれず自由にのびのびと書くことができるので、楽しくなってくると思います。
次回のレッスンも楽しみにしております。
お疲れさまでした!
このレッスンノートを書いたコーチ

大学を卒業後、書道の専門学校に進学!専門士の称号を保有する実力派コーチ

凜華のペン習字講座
啓明院凜華 (ペン習字・ボールペン字)

平塚・小田原・町田・海老名・相模大野・本厚木・愛甲石田・伊勢原・鶴巻温泉・東海大学前...

レッスンノート ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!