趣味の習い事ペン習字教室レッスンノート [ペン字]レッスン概要の説明、お名前のポイント解説

[ペン字]レッスン概要の説明、お名前のポイント解説

ペン習字教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はおつかれさまでした!

◆今日やったこと
・レッスン概要の説明
・お名前のポイント解説

今日はざっくりとしたお話となりましたが、“きれいな字”を書くには、字一字のバランスだけでなく、

・線質
・紙に対する配置(レイアウト、まっすぐ書く)
・読みやすさ、意味を伝える書き方(文節で少し呼吸を置く)
・文字の大きさのバランス

などたくさんの要素が必要になります。

ペンの持ち方は、今日やった可動域が最も広くなる持ち方が正しい持ち方ですが、治りそうであれば直してみると良いと思います。

・直線はスピードを上げてスパッと潔く、送筆を鮮やかに。ハネ、転折、払いなどはゆっくりと丁寧に。スピードはそのまま線質となる。
・起筆はトンと明確に入れて。ペンでやる場合は、引っ掻くようなイメージで。やり過ぎには注意
・接筆(「日・中」「日・田・国・西」など)に注意
・「口、田、白、皿、中、原」などの四角の字形のイメージが正方形から扁平な形の場合はすぼめる。「日、目、見、国」などの縦長の四角の場合はすぼめずにやや台形字形に
・「祐」「都」「谷」「右」「橋」など、左払いに「口」や「日」があるとき、1画目を引っ掛けるとそれっぽい。中心をぶらさない、縮こまらないためにも有効。
・「里」「目」「隹」「建」など、横画が複数あるときは、線幅を均等に

などのポイントも意識してみてください。

縦書き、横書き、大きく、小さくなど、いろんなケーススタディを積んでいきましょう。
また、普段から人の字や居酒屋のメニューなどを見て、字に興味を持つことも大切です。
日常に少しでも字のことを考える&練習する時間があると無理なく上達していきます。

その他ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

癖字を直したい、美しく署名したい方必見!新しい趣味を見つけたい方もぜひ

愉咲ペン習字教室
竹内恵美子 (ペン習字・ボールペン字)

渋谷・池袋・有楽町・四ツ谷・水道橋・飯田橋・市ケ谷・新宿三丁目・西新宿・新宿西口

レッスンノート ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!