サイタ趣味の習い事ペン習字教室 神奈川 相模原ペン習字・ボールペン字教室 レッスンノート お名前の漢字、ひらがな

お名前の漢字、ひらがな

ペン習字教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お名前の漢字は、横線を長く、少し山形にすると、字全体の横幅が広がり、形が綺麗になっていました。
山形もとても自然でしたので、ぜひ本日書いた線を保って下さい。
苗字の2文字通り目は、縦線を長くしすぎず、横線の右肩上がりは同じ角度にしてあげると、綺麗に書けていました。
お名前の1文字目は、左はらいを思い切って角度をつけてはらってあげると、縦長にならずにまとまりそうです。
お名前の2文字目は、少し画数が多いので、真ん中の部分の縦線の位置に気をつけて、等間隔に小さめに書き、この字も縦長にならない様に、横線やはらいで横幅を広げてあげて下さい。

お名前をひらがなでも書きました。
1文字目は、縦線の頭を出しますが、横に広がっている字のイメージです。
2文字目は、真ん中から書き出して、横線は丸みをつけてあげたら綺麗な字が書けていましたね!
3文字目も、線の切り替えの部分を少し重ねて書くと整っていました。
最後の字は、書かれていた字がとても綺麗でしたので、そのままで結構です。

どの字もとても丁寧に書かれていて、何度か書くと字が変わり、綺麗に整った字が書けていました。
丁寧に書くことはそのままで、定着しましたら、少し力を抜いて、手首を使ってハネやはらいを書ける様になると、さらに綺麗になりそうです!
このレッスンノートを書いたコーチ

伝統ある書法展で毎年入選!大人の方も歓迎、変化を実感できるレッスン

新着レッスンノート

お名前の漢字を縦に書く時は、前に書いた字を見ながら、左右の幅を揃えてあげると、より綺麗に見えますので、ぜひ意識してみて下さい。 へんとつくりが左右に分かれている字は、真ん中の空間を少し空けてあげるとゆったりした字に見えます。 苗字の2文字目の右側は、線同士をくっ付けずに、少しずつ空けてあげ...

前回の復習では、綺麗に書けている字がたくさんありました。 皮は、ヌの部分を左側に付けすぎず、固い雰囲気にならない様に、ゆったりした字になるとさらに良くなると思います。 央、氷などの最後のはらいは、下がりやすかったので、角度を45度位に変えて線を書いてみて下さい。 今回の漢字は、州の最後...

前回の復習では、だいぶ今まで書いてきた字の応用ができてきたと思います。 化、他の右側は形が安定しましたね! 字がマスの中心に来るとさらに良いですね。 文章も全体的に落ち着いていて、まとまっていました。 今回の漢字は、号の下の部分が反らずに書けていましたので、今までのクセが抜けた様で...

前回の復習では、鳴・頭などとても形を綺麗にとらえられて書けていました。 左右に字が並ぶ歌・話などは、少し左に寄り気味でしたので、もう少し中心の空間を開け、右側の部分が寄らない様に、大きさも難しいですが、バランス良く書いていきたいですね。 文章は、段々とまとまってきましたね。 ひらがなのけ...

前回の復習では、道のしんにょうが整って来ましたね! 文章の時のしんにょうは小さくなりますが、同じ様に書ける様にしていきたいですね。 黄、買の下のハの部分の右側は、はらわずに止めるので十分です。 園、遠の縦線の位置を中心に持って来てあげて、バランスをまた見てみて下さい。 今回の漢字は、画...

レッスンノート ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!