サイタ趣味の習い事ペン習字教室 東京 初心者からのペン習字 レッスンノート 平仮名の単体

平仮名の単体

ペン習字教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

あ行

「あ」・・・第一線は反るような感覚で、次は左外側に弧を描くように、最後は右外側に弧を描くような感じて左上に上がり綺麗な曲線で払い終えてください。

「い」・・・外側に弧を描くような感覚で、右側は同じたかさかやや上を目安に。

「う」・・・勝負の字です。たった2つの線ですが、これが思うように書けるかどうかで今後が決まってきます。
アルバムのジャケット等の字を自由自在に書くためには、絶対はずしてはいけない字です。
徹底的にものになるまで毎回レッスンで復習していきましょう。

「え」・・・点を受ける感覚で次にいき、右上に書きその線から左下にかき、その線を半分戻るように右上にその線をまっすぐにしたに書いて右に緩やかに折れてそのまま手の動きに気をつけてかきます。

「お」・・・第一線は反るような感覚。
次は右に弧を描くような感覚で左上に上がり緩やかに曲線で、点に続くように払います。
このレッスンノートを書いたコーチ

美文字への近道伝授。あなたの個性を活かす最初の一筆をサポート

新着レッスンノート

検定の勉強をすることで、平仮名、片仮名を定着させることができます。 また、多くの字を書くので、多くの字の上達に繋がります。 はじめて書く新しい複雑な字が出てきても、基本の字、基本の線の組み合わせだととらえると書けます。 基礎力があればあるほど、臨機応変に対応していく力も広がります。 本...

検定試験を受けるとき、どういう目的でその級を受けるかという意識で今後が変わってきます。 3級を持っていると、日常、字を書くことでコンプレックス等は持つ必要がありませんよ。字の基礎的な教養はありますよ。という目安です。 とにかくギリギリでも合格証が欲しい、というのも一つの考えでありますが...

「あ」「お」「き」の確認 腕にここちよく力を預けて書く、平仮名の線から線への繋がりを意識して空間を書く。 空間を書くことが自然にできないということは、まだ正しく動いていないということです。 ??というときは、レッスンで確認していきましょう。 線から線への正しい動きは、書く力を上手く...

一本の線に将来伸びていくかいかないかがかかっていたら、伸びていく方を選ばない手はありません。 平仮名の全ての線が重要です。どれも軽視してはいけないのです。 本日、直すところがすぐに直りました。直さなければならないから直した、というとそれまでですが、ミスをしたところを瞬時に直せるというのが、...

相手の住所、会社名、肩書き、名前の字数によって、 差出人の住所を一行にするかどうか、名前の位置をどこにするかということが、大事になってきます。 筆耕は、お手本のないなかで、基本のレイアウトを押さえた上で、臨機応変に印刷物を最高のレイアウトにして書かないといけないので、たった一枚の紙に高い技...

レッスンノート ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!