サイタ趣味の習い事ペン習字教室 東京 初心者からのペン習字 レッスンノート 漢字

漢字

ペン習字教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

「御中元」

「御」字形が難しいですが、形を覚えてしまうと楽かと思います。

「中」簡単そうに見えますが、画数が少なく一見簡単そうなものに見える字が意外とごまかしがきかず、実際に書いてみると手強かったりしますね。中という一文字のなかにも、接筆、バランス、中心線と真剣に取り組む多くのものがありますね。

「元」横線は右下がりにならないこと、左払いの次の線は、下からの払いは、ほぼ上に払います。
筆ペンを 用いることで、一本の線に意識がいき、また、筆の穂先のむきを考えて書くことで
正しい動き、正しい字形で書くことができますね。

また、筆で書いた字というのは、かかれた字がその書き手の弱点を教えてくれるので、書いたものをじっくり見るのもとてもいいですよ。

御中元という字をポイントをおさえてよくかけていました。
心をこめて相手に伝えるように書きたいですね。

本日もお疲れ様でした。
このレッスンノートを書いたコーチ

美文字への近道伝授。あなたの個性を活かす最初の一筆をサポート

新着レッスンノート

一本の線に将来伸びていくかいかないかがかかっていたら、伸びていく方を選ばない手はありません。 平仮名の全ての線が重要です。どれも軽視してはいけないのです。 本日、直すところがすぐに直りました。直さなければならないから直した、というとそれまでですが、ミスをしたところを瞬時に直せるというのが、...

相手の住所、会社名、肩書き、名前の字数によって、 差出人の住所を一行にするかどうか、名前の位置をどこにするかということが、大事になってきます。 筆耕は、お手本のないなかで、基本のレイアウトを押さえた上で、臨機応変に印刷物を最高のレイアウトにして書かないといけないので、たった一枚の紙に高い技...

行書 行書を書くときに、確実な書き方を「愛」という字を通してお伝えしました。 行書は、なんとなく、どこかの線を繋げてなんとなく崩すとそれらしく見えるな。何となくと感覚かな? こういう書き方をしていてもある程度点数はとれるときがあります。そして、まぐれでもいい点数が出るとこれでいいのか...

漢字の部首。漢字の元の字の読み。 平仮名を書いているときの筆脈がとてもよくなっています。おそらく書いていて楽しいと思います。 動きの基礎ができ、字形が整い、それに伴い筆圧、筆脈というものが自然と身に付いた書き方ができてくると、一段レベルアップしたことになります。 そういう書き方ができ...

百人一首 住の江の 岸による波 よるさへや 夢の通ひ路 人めよくらむ 「住の江」・・・歌枕 岸による波までが序詞で、次の「よる」にかかっています。 「よるさへ」・・・「よる」は、「寄る」と「夜」の掛詞。上を受けて・「波寄る」となり、下に続いて「夜さへ」となります。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!