趣味の習い事ペン習字教室レッスンノート 行書の名前

行書の名前

ペン習字教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

全体的にベースが作れました。
これから、ご自分の納得する最高のものへともっていきましょう。

そのために必要な練習方法をお伝えします。
まず、楷書から行書にするために必要な線がかけなければなりません。
その線をかくうえで、線の向き、方向を自由自在に変えることができなければなりません。
(これが、とても難しいことで普通の練習ではここでうまくいかず、挫折します。そして、こういうのは、生まれつきだとか、才能だとかいい始めるところです)
しかし、私のレッスンを受けられた方は、こういった線を書いていくうえで必要な動きは、平仮名において学んできたので、問題なく書いていけます。

その動きをベースに行書を練習していきます。

練習方法1)一文字ずつ徹底的に納得のいく字にするために、一文字ずつ練習する。たった一文字ですが、その一文字を制覇すると力は確実につきます。
一文字ずつ制覇したうえで全体を書く。


練習方法2)名前全体を練習する。
全部を通して書いてみる。そうしながら、中心が通っているか、字の大きさのバランスがとれているかということを意識しながら練習する。

どちらの方法もありますが、プライベートレッスンなので、ご自分のやり易い方法をその都度取り入れて効率よくいきましょう。

本日の大事なポイント
「反」の三画目、横線からの払いですが、この払いが一方向で下に落ちてしまう書き方をしては、あるところまでいくとそこから上達していかなくなるので、ご注意ください。
「彦」の最後の連続の払いですが、最初の払いを書いて、次の2つの払いを続けるのが基本です。
どういう状況でも、納得がいき、この先伸びていくためには、動きは、絶対です。
練習していて、わからないところが出てきたときは、その都度レッスンで確認してくださいね。
本日もお疲れ様でした。
このレッスンノートを書いたコーチ

美文字への近道伝授。あなたの個性を活かす最初の一筆をサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!