サイタ音楽教室オカリナ教室 東京 オカリナスクールタチバナ レッスンノート 君をのせて、川の流れのように

君をのせて、川の流れのように

オカリナ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はお疲れ様でした。
スケール&アルペジオはNo.5~No.8を中心に練習ですね。
No.1~No.4は毎回のウォーミングアップに練習したいと思います。

「君をのせて」はデュエットで上下交代しながら出来て良かったです。
次回は「川の流れのように」も練習したいと思います。
お手元の楽譜を長二度下げた調子になりますので、お試し下さい。
新着レッスンノート

本日はお疲れ様でした。 「アイネクライネナハトムジーク」の練習をしました。 装飾音符のタイミングなど練習しましたが、伴奏音源に合わせた練習をしてみて下さい。 ピアノ伴奏でも合わせやすいと思います。 楽譜の枚数が多いようですと、パート譜を作っても良いようでしたね。 色々と工夫してみて下...

本日はお疲れ様でした。 スケール&アルペジオのNo.1を練習しました。 高いドレミファのフィンガリングを滑らかにしたいですね。 楽器の支えが大変ですが、練習していきましょう。 「慈しみ深き」は♭と♯の音がポイントですね。 次回も練習しましょう。 どうぞ宜しくお願い致します。

本日はお疲れ様でした。 オカリナにはC管とF管があるので、指定以外の管で吹く時には読替えや考え方が大変ですねー。 本日は3曲ご相談がありましたので、まずは整理致します。 「きよしのズンドコ節」…声の高さと合うようにF管で演奏。 ①F管用の楽譜としてそのまま演奏。 ②長二度下げ(d...

本日は体験レッスンお疲れ様でした。 レッスンの流れなどいかがだったでしょうか。 「パッフェルベルのカノン」を練習されていて、良い感じで吹けていたと思います。 フィンガリングの難しいところの替え指をお試しいただきました。 替え指では音程に難がある場合があります。 フィンガリングの滑らか...

本日はお疲れ様でした。 スケール&アルペジオのプリントを練習しました。 No.1からNo.8まであります。 順番に少しずつ練習して行きましょう。 本日はNo.1、No.2、No.3 を練習しました。 高いファの音などフィンガリングに慣れて行きましょう。 曲の練習では、「ヨーデル...

レッスンノート ページ先頭へ

オカリナ情報

サイタのオカリナ講師がブログを通して、オカリナ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!