サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説 兵庫 小説・シナリオ書き方講座 レッスンノート 物語を書き上げるための基礎とモチベーション継続の方法

物語を書き上げるための基礎とモチベーション継続の方法

小説書き方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は物語を書くことが「初めて」ということでしたので、発想の仕方やアイディアの出し方、モチベーションを上げたり継続させるために必要なことをお話させて頂きました。
また何か一作品でも書き上げて、物語を完成させることが大切なので少なくても1500文字、多くて3000文字以内の短編を書き上げることを目標にするのもいいと思います。


まず書き始めるために必要なのは「テーマ」を決めること。
そして、ざっくりとした物語の流れを完成させることです。
それが基本的な構造となりますが、この「テーマ」が浮かばないということでしたので、身近なものをテーマにすることをおすすめします。

また物語を書くことが初めてということだったので、既存の作品を参考にしていただくといいかと思います。
その時に選ぶ作品は、ご自身が以前から親しんで読んでいた作品や作家のものがいいでしょう。
手元に本があるなら読み返してもいいですが、ない場合は覚えてるストーリー内容を箇条書きにします。
それを起承転結に分類して物語の構造を知るわけです。
次に出てきた登場人物についても、箇条書きにします。年齢、性別、基本的な性格や気になった癖など、覚えている限りで結構ですのでメモに起こすとキャラを理解できるようになると思います。

次のステップとしては、書き起こしたメモを見て自分なりの物語を作り上げることです。オリジナルの展開を書いてもいいと思いますし、そのままのストーリー展開で自分なりのプロットを完成させることが大切です。

物語を書き上げるには、簡単な箇条書きでもいいのでストーリーの流れがわかるあらすじがあった方が書き易いかと思います。

まずは簡単に書き起こしたメモを見て、ざっくりとしたプロットを立ててみるといいかと思います。

レッスンノート ページ先頭へ

小説情報

サイタの小説講師がブログを通して、小説情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!