美容・ファッションスクールモデルウォーキングレッスンレッスンノート ミスコン対策

ミスコン対策

モデルウォーキングレッスンのレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・現状の把握と改善点のリサーチ

肩が前に入ってしまい、首も前に出てしまっているため、猫背にみえがち。それに吊られて首も前に出がち。腰が置いてけぼりになり、前に出す足の膝が曲がっている。こうなると全体的に自信がない様子に見えてしまう。

・基本の立ち方

体の中のすべての【腔】に一直線に棒が通っているようにまっすぐ。注意点としては、お腹をひっこめる、胸は軽く張る程度で前に張りすぎなず肩を引くようにするイメージで。腰を反らない。首を背骨の一番最後に乗せてあげる気持ちで後ろにひき、あごが上に上がらないようにする。

・体幹を鍛える立ち方

まず両膝がくっつくまで曲げて中腰に。くっつ付いたところで止めて、止めたまま立つ。お尻の穴をしめ、丹田に力を入れて下半身をどっしり固定させる。そのまま少し腰を前に出し後ろに引く。上に上がり肩を上げてストンとおとす。また肩を上げてストンと落としたら、後ろに引く。首を天井に向けてストンともどす。その状態でキープさせ、気持ちかかとに重心を移す。このとき、おしりと内ももに効いているのを意識して、再度お腹が出てない、お尻をしめているかを再確認。形が出来上がった、そのままお腹をペタンコにする呼吸法をゆっくりと5回し、腹筋を鍛える。


・ヒールでの基本的な歩き方

しなやなやかで、軽やかで優雅に歩きましょう。でも実はしっかり丹田には力を入れて前に出ないように、おしりはキュッとしめましょう!
しめるところはしめ、後の部位は力を抜いてリラックスさせることで軽やかさとしなやかさが表現できます。肩や頭はフラフラしたりぶらついたりしないよう固定して、腕は自由に遊ばせるくらいリラックスさせられるよう、力加減にめりはりを!ヒールを出す足は曲げず、かかとから着地をさせてカンカン言わせないように気をつけましょう。爪先から地面に着けるようなイメージで、かかとと爪先は同時に着地。胸を張りすぎず、肩と首を引きましょう。意識して目線は上に上げて、笑わずとも口角もキュッとあげましょう!

・ワンランクレベルを上げた歩き方

一直線に歩くように、着地点を自分の体の中心に寄せる。とくに一歩目が肝心で、この一歩目が自分の中心、もしくは気持ち少し内側に出せるかどうかで美しさがグッと増します。丹田にしっかり力を入れて、肩や頭や骨盤は左右前後にふれないようにする。

・動画撮影

復習と、ご自身のウォーキングを客観的に見ていただくために本番と同様の動きを撮影。


・反復練習

時間の許す限り、スタジオ内を何往復も練習しましたね!お疲れ様でした(*^^*)
笑顔がとても素敵なので、それを武器に!!
自信を持って堂々と歩いてきてください!たのしんできてくださいね!
このレッスンノートを書いたコーチ

関西コレクションにも出演!少しのコツを押さえて、印象を磨くきっかけ作り

レッスンノート ページ先頭へ

モデルウォーキング情報

サイタのモデルウォーキング講師がブログを通して、モデルウォーキング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!