サイタ趣味の習い事手品教室 千葉 不思議な手品教室 レッスンノート カードとコインのマジック

カードとコインのマジック

手品教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●まず「グライド」というカードのすり替えの技法をレッスンしました。普段使わない指の筋肉を使いますので、慣れるまで少し練習が必要かもしれません。
●ついでグライドを用いた以下のマジックの実演とその解説を行いました。
  ①ペアorノーペア
  ②スリーカードモンテ
  ③4Aオープナー
●①は、カードのトップ(一番上)とボトム(一番下)から1枚ずつカードを抜き出しますが、その2枚のカードは予め客の言った通りにペア(同じ数字のカード)になったり、ノーペア(異なる数字のカード)になったりするというマジックです。視覚的ではありませんが、ジワーっと不思議になるちょっと変わったマジックです。事前の仕込みが必要ですが、とても優れたマジックです。
●②はスペードのAとその他2枚のカードの計3枚のカードを裏向き並べて、何回かカードの位置を入れ替えた後にスペードのAの位置を当てさせますが、絶対当たらないというマジックです。
●③は時間の余裕が少しあったので、予定にはありませんでしたが番外でレッスンしたマジックです。4枚のカードを客が自由に指定した場所に差し込んでおきますが、なんと差し込んだ箇所からAが現れるという、大変視覚的なマジックです。グライドを応用したマジックでは、傑作の部類でしょう。
●ついで「コインの脱出」というコインマジックをレッスンしました。紙で包んだコインがいつの間にか消えてテーブルの下から出てくるというマジックで、紙の折り方がポイントです。お客様には完全に密閉された紙の中からコインが脱出したようにみえますので、とてもインパクトのあるマジックです。
●この他、フレンチドロップというコインの消し方をかんたんにレッスンしました。

以上
このレッスンノートを書いたコーチ

Mr.マリックの教室に通った経験も!カードマジックを得意とするベテラン

新着レッスンノート

今回はやや人数が多いときに演じる以下のマジックをレッスンしました。 ①ねじれた手 ②ティシュの復活 ③三本のロープ ①は観客を巻き込んで演じるマジックで、オープニングに行うと効果的です。ミスディレクションをうまく使っています。 ②は破いたティッシュが元に戻るという、古典的なマ...

以前のレッスンで取り上げた以下のカードマジックの復習を行いました。 ①カードファインダー ②ダブルサプライズ ③10から数えて いずれもいわゆるセルフワーキングトリックですが、お客様に見せるには、しっかりと練習することが大事です。 お渡ししたレジメに演じる際の留意点を書いてあ...

●以下のマジックの実演とその解説を行いました。   ①赤と黒の運命   ②エモーショナルリアクション ●①は「ギルブレスの原理」を応用した奇妙な味わいのマジックです。客は表向きでカードを赤と黒の山に振り分けていきますが、マジシャンは裏向きのままカードを二つの山に振り分けていきます。ところ...

●以下のマジックの実演とその解説を行いました。   ①グッドラックカード   ②ひっくり返るカード   ③Aの交換   ●①は不可能とも思えるカード当てのマジックです。数枚のカードの中から自由に選んでもらったカードを、さらによく混ぜてしまいます。しかしこのような状況の中で、マジシャンは...

●以下のマジックの実演とその解説を行いました。   ①カードファインダー   ②Aの交換     ③ワンツースリー ●①は単に客の選んだカードを当てるマジックと思わせておいて、最後に意外なクライマックスが待っているという、どんでん返しのマジックです。 ●②はAの山と他のカードの山が入...

レッスンノート ページ先頭へ

手品情報

サイタの手品講師がブログを通して、手品情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!