サイタ趣味の習い事手品教室 千葉 不思議な手品教室 レッスンノート 基本的なテクニックとその応用マジック

基本的なテクニックとその応用マジック

手品教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●まずご要望のあった「グライド」や「ブレーク」「ダブルリフト」「エルムズレイカウント」などの基本的な技法(テクニック)をレッスンしました。レッスンでもお話したように、とにかく「自然に見える」ことが肝心ですので、鏡の前で観客からどう見えるかをチェックしながら練習するのがこつです。普段はあまり使わない筋肉を使ったりしますので、初めのうちは手がこわばりますが、そのうちに慣れてきます。
●ついでそれらのテクニックを使った以下のマジックをレッスンしました。
 ①フォーエースオープナー
 ②アクロバットカード
●①は客の指定した箇所でデックを分けるとそこから4枚のAが現れるというマジックで、グライドを効果的に使っています。4枚のAが現れるというマジックは視覚効果が大きく、いろいろな方法があります。このマジックは中でも不思議さが強いマジックです。
●②は2枚の表向きのAで残りの2枚の裏向きのAをサンドイッチしますが、いつのまにか4枚とも裏向きになってしまう、というマジックです。ブレーク、ダブルリフト、エルムズレイカウントが使われていますので、これらの技法の練習にも最適です。①で出現させた4枚のAを使って、続けて演じるとよいでしょう。

以上
このレッスンノートを書いたコーチ

Mr.マリックの教室に通った経験も!カードマジックを得意とするベテラン

新着レッスンノート

今回はやや人数が多いときに演じる以下のマジックをレッスンしました。 ①ねじれた手 ②ティシュの復活 ③三本のロープ ①は観客を巻き込んで演じるマジックで、オープニングに行うと効果的です。ミスディレクションをうまく使っています。 ②は破いたティッシュが元に戻るという、古典的なマ...

以前のレッスンで取り上げた以下のカードマジックの復習を行いました。 ①カードファインダー ②ダブルサプライズ ③10から数えて いずれもいわゆるセルフワーキングトリックですが、お客様に見せるには、しっかりと練習することが大事です。 お渡ししたレジメに演じる際の留意点を書いてあ...

●以下のマジックの実演とその解説を行いました。   ①赤と黒の運命   ②エモーショナルリアクション ●①は「ギルブレスの原理」を応用した奇妙な味わいのマジックです。客は表向きでカードを赤と黒の山に振り分けていきますが、マジシャンは裏向きのままカードを二つの山に振り分けていきます。ところ...

●以下のマジックの実演とその解説を行いました。   ①グッドラックカード   ②ひっくり返るカード   ③Aの交換   ●①は不可能とも思えるカード当てのマジックです。数枚のカードの中から自由に選んでもらったカードを、さらによく混ぜてしまいます。しかしこのような状況の中で、マジシャンは...

●以下のマジックの実演とその解説を行いました。   ①カードファインダー   ②Aの交換     ③ワンツースリー ●①は単に客の選んだカードを当てるマジックと思わせておいて、最後に意外なクライマックスが待っているという、どんでん返しのマジックです。 ●②はAの山と他のカードの山が入...

レッスンノート ページ先頭へ

手品情報

サイタの手品講師がブログを通して、手品情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!