パソコン教室・IT資格Mac使い方教室レッスンノート カードのイラストデータを「開いて」カードのPhoto部分に写真を貼付

カードのイラストデータを「開いて」カードのPhoto部分に写真を貼付

Mac使い方教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

☆本日のレッスン、お疲れさまでした。朝早くからすでに会場に到着しておられてビックリ!進んで学ばれようとされる姿勢、見習わなけらばなりません。

☆本日のレッスンはお仕事でこれから作成されるカードに各担当者様の写真を配置したいとの事でしたので、その部分を集中してレッスンさせて頂きました。

☆カードのイラストデータを「開いて」カードのPhoto部分に写真を貼付けます。開いているデータに写真などを添付したい場合は「配置」となります。

メニューバーのファイルから「配置」で写真を画面に表示させます。
カードのPhotoと書かれた四角の場所まで写真を移動させて、写真を「背面へ」で画面後ろに配置します。次に写真の大きさを調整します。

※写真の拡大縮小は画面左にあるツールパレットの右上から7番目にある「拡大・縮小ツール」で調整します。拡大縮小でのポイントは写真の上で固定するマークを決めて、拡大縮小しますが、shiftキーを押しながら縦横の比率が変わらない様に操作してください。

☆写真などを微妙に移動する場合はキーボード右端の十字配置の矢印キーで調整すると良いです♪

☆今回の一番ポイントになる「クリッピングマスク」を行う上でのルールで、切り抜きたい写真は画面の「背後へ」切り抜きたい形(四角や星形など)の図形は「面前に」配置します。

上記の四角図形と写真をshiftキーを押しながら(複数の絵などを選択する)選択します。

メニューバーのオブジェクトメニュー下方にある「クリッピングマスク」の「作成」を選ぶと四角の図形の形に写真が切り抜かれた様に表示されます。

☆次の方のカードを作成する為にレイヤー(カード全て)をコピーします。レイヤーウインドの下方右から2番目の「新規レイヤー」に今作成しているレイヤーをドラックして重ねるとレイヤーが複製されます。

レイヤーウインドは表示・非表示はウインドの「目」をクリックして切り替えます。また、他の絵や文字部分を動かさない様に「ロック」する事も出来ます。「目」の横の四角いマスをクリックすると鍵のマークが表示されましたらそのレイヤーがロックされます。解除は鍵をクリックすると鍵が消えて解除されます。

☆レイヤーは便利な機能ですが、操作したいレイヤーがアクティブになっているかを確認してくださいね。またコピーやペーストする時もどのレイヤーにコピーするのかを確認してペーストするレイヤーをアクティブにしてからペーストなど操作を行ってくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

アパレルのグラフィックを担当。親身な指導でMacをあなたの相棒に

Mac Start
服部光伸 (Mac)

心斎橋・堺筋本町

レッスンノート ページ先頭へ