語学の習い事韓国語教室レッスンノート 2010年度の観光通訳士の試験問題(韓国語)を体験

2010年度の観光通訳士の試験問題(韓国語)を体験

韓国語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

暑いところ体験レッスンに来ていただき、有難うございました。

今日は以下のような内容でレッスンを行いました。
(韓国語の試験問題の話の中でも随時自己紹介や試験内容の説明をしましたが、まとめると以下のようになります。)

1.自己紹介と観光通訳士や「ハングル」能力検定試験(上級クラス)の内容の説明

 講師自身の自己紹介や体験をお話しし、受講生の方の韓国での留学生活をうかがいながら、観光通訳士の試験について、私の体験談も含めいろいろな情報をお話ししました。
 (日本地理、日本の歴史、日本の社会全般の基礎知識の分野の試験についても概要をお話ししました。)
  ---いろいろな資料をお渡しし、必要なサイトや試験問題集の書籍も紹介しました。

 また、「ハングル」能力検定試験(1級を中心)の試験内容(面接試験も含む)の内容についてもお話ししました。


2.2010年度の観光通訳士の試験問題(韓国語)を体験していただく。

  2010年度の観光通訳士の試験問題(韓国語)の中から一部をやっていただき、どんな主題傾向があるのか説明をしながら把握していただきました。

  (韓国語の観光通訳士の試験の特徴)

   ・長文問題では、カッコ内に当てはまる単語や文節、用言の活用形を埋める問題のほかに、下線部の翻訳(韓国語→日本語および日本語→韓国語)があります。
    特徴として、韓国の文化や生活様式を扱ったエッセイなどや文学作品などから出題される傾向があります。

    ※ 文章から出題されるので、書き言葉になります。慣れるためにこのようなジャンルの文を何か読まれたら良いと思います。
      会話で使う範囲よりも多様な語彙が出てきますので語彙を増やしましょう。また、一部わからない部分があっても、想像力を働かせることも大事です。

   ・日本の生活や文化を扱ったエッセイや本などから日本語→韓国語の翻訳問題も出ます。

   ・日本の生活や文化における言葉(季節の風物詩や衣食住に関する事物の名前や、食材など材料の名前など)を韓国語で説明したり訳したり、また逆に韓国の衣食住をはじめとする文化的事項の言葉を日本語で説明したり訳したりする問題が必ず出ます。
    ここが普通の検定試験とは違う特徴です。

    ※ 観光に関係した試験ですので、韓国の地名(山や河なども)や観光地の情報(見どころ、名勝、名産品、食事)なども頭に入れておくと良いと思います。


3.入会およびに受講手続きについての説明

  入会と受講の手続きについて説明しました。

  また、今後のレッスンをどのように開始するかもご相談しました。


※ お渡しした試験問題(韓国語以外の地理、歴史、一般常識も)をひと通りやってみて下さい。
  韓国の新聞などの文化情報や文化欄の記事をネットを利用して読んでみたり、日本の新聞などで今の社会や経済、外交などの事柄を押さえ、文化的な話題(書籍、映画、音楽など)も増やしていくようにすると良いと思います。

오늘은 수고 많이 하셨습니다.
このレッスンノートを書いたコーチ

本業と両立し、韓国語の通訳案内士を取得。ゼロ~翻訳レベルまで

韓国語 いちから
上田隆夫 (韓国語)

渋谷・原宿・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・駒込・西国分寺・新秋津...

レッスンノート ページ先頭へ

韓国語情報

サイタの韓国語講師がブログを通して、韓国語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

韓国語の先生

@KoreanCyta