語学の習い事韓国語教室レッスンノート 家系図の呼称、分かち書き、間の取り方

家系図の呼称、分かち書き、間の取り方

韓国語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日もレッスンお疲れ様でした!
そして、レッスンのおさらいが遅くなり、
すみませんでした。
春らしくお天気です。お花見はされましたか。

さて、早速ですが、おさらいです。
①韓国の家系図の呼称
②分かち書きのルール
③間の取り方
などについて話しました。

先ず、韓国の家系図による呼称です。
日本より親戚同士の絆が強い韓国では、
その呼び方にも複雑さを覚えます。
実際のところ、韓国人でも全てを
覚えているわけではなく、
自分と関係のある親戚がいるとき
呼称を覚えたりもします。
ですので、ご自分と関係のある
親戚の呼称だけをまず覚えて下さいね!

次に「分かち書き」ですが、
これもまだ難しいところです。
なぜなら、
分かち書きの基本的な考え方は、
意味の混乱を避けるためで、
そのルールはあるものの 
例外も多いからです。 
一度にルールに慣れるのは難しいので、
その都度お教えしますね!
だだ、助詞は前の名詞に
必ず付けて書きますので、
それは覚えておきましょうね!

次は3番目の「間の取り方」ですが、
今後の韓国語を操る上で
大きい影響を与える中身と
言っても過言ではありません。
同じい文章でも間の取り方が違うと、
意味の取り方も違ってきますね。
基本的な考え方は、
日本語の間の取り方と
同じく考えてよろしいです。
細かいところで異なる点もありますが。
一応理屈的に間の取り方のルールを
理解していたとしても
それを実際会話に生かせるのは
別な話です。
これもまた一度に慣れていくことは
難しいので、徐々に慣れていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

滞日15年目。法廷や国際会議でも通訳、教え子が弁論大会で優勝も!

シンちゃんの韓国語教室
李新金 (韓国語)

あおば通・槻木・岩沼・名取・太子堂・長町・仙台・広瀬通・杜せきのした

レッスンノート ページ先頭へ

韓国語情報

サイタの韓国語講師がブログを通して、韓国語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

韓国語の先生

@KoreanCyta