語学の習い事韓国語教室レッスンノート 韓国語の特徴とハングルの仕組みのご説明

韓国語の特徴とハングルの仕組みのご説明

韓国語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンにおいでいただき、有難うございました。

そして、お疲れ様でした。

では、本日の内容をまとめます。

今日は韓国語がどんな言葉なのかについてご説明しましたが、すでにご存知の内容もありましたので、その部分はさっと通しました。

次回からは、母音、子音と一つ一つ詳しく学んで行きます。


1.はじめに

 韓国語や韓国に関心を持たれたきっかけなどをうかがいました。


2.韓国語についての概要のご説明(お渡しした資料)

 1)韓国語の特徴とハングルの仕組みのご説明

  ・韓国語の語順が日本語にそっくりであること。
   主語+目的語や修飾語+述語
  ・日本語のような助詞(てにをは)があること。
  ・漢字に由来する漢字語は日本語の漢字語に発音が似ているものがあり、韓国語の語彙の7割くらいになること。
  ・「子音+母音」と「子音+母音+子音」の2通りがあること。
  ・表音文字であること。
  ・反切表についての説明
  ・字体の違いについて(明朝体とゴシック体)

 2)母音字

  ・母音には10の基本母音字と11の合成母音字がある。
  ・基本母音字では、オに当たる文字が2つ(ㅓとㅗ)、ウに当たる文字(ㅜとㅡ)が2つある。
  ・短い横棒や縦棒が2本あるものはヤ行の音を表す。
  ・陽母音(ㅏ,ㅑ,ㅗ,ㅛ)と陰母音(ㅏ,ㅑ,ㅗ,ㅛ以外)がある。
  ・合成母音字は2つ以上の基本母音字によりできている母音字である。
  ・合成母音字は、エ,イェの系列とワ行の系列、そしてㅡとㅣからなるもの3種類がある。
  ・基本母音字、合成母音字の発音を少しやっていただきました。
   ※ 基本母音字の発音はお上手でした。

 3)子音字
  ・基本母音字は14字あり、唇を使って出す音(ㅁ,ㅂ,ㅍ)、舌を使って出す音(ㄴ,ㄷ,ㅌ,ㄹ)、軟口蓋を使って出す音(ㄱ,ㅋ)、歯を使って出す音(ㅅ,ㅈ,ㅊ)、喉を使って出す音(ㅇ,ㅎ)がある。
  ・子音には、発音時の息の出し方の違いにより、平音(あまり息が出ない)、激音(激しく息がでる)、濃音(息を出さず喉を緊張させて音を出す)の区別がある。
  (下記の5種類の子音:ㄱ(k),ㄷ(t),ㅂ(p),ㅅ(s),ㅈ(ch)の5つ系列の音のみ)
    平音:ㄱ,ㄷ,ㅂ,ㅅ,ㅈ
    激音:ㅋ,ㅌ,ㅍ,ㅊ (ㅅの激音はありません、)
    濃音:ㄲ,ㄸ,ㅃ,ㅆ,ㅉ
 ・日本語は子音の清濁で音を区別するが、韓国語では上記のように子音の息の出方の違いで音を区別する。

 4)パッチム
  ・ハングルの子音+母音+子音のパターンの最後の子音が「パッチム」である。
  ・パッチムのところに使われる子音は沢山あるが、パッチムの発音は下記の7つに集約される。
    ㄱ,ㄷ,ㅂ,ㄹ,ㅁ,ㄴ,ㅇ


3.レッスンで使う教材

  ・下記の教本を使いたいと思います。初回のレッスンまでにご購入をお願いします。
   このテキストは、初級Ⅱ、中級Ⅰ、中級Ⅱと続いているのでずっと学習を続けるのに良いと思います。
    「できる韓国語 初級Ⅰ」 DEKIRU出版社 著/新大久保語学院 李志暎
      価格:2,100円(本体2,000円)


4.入会と受講の手続き、そのほかの説明

  ・入会手続き、受講料の入金方法、レッスンの登録やキャンセルの決まりや方法(受講生やご家族の急病などの止むを得ない理由の直前のキャンセルの仕方なども)について説明しました。

以上です。

着実に習得できるように、発音やイントネーションやリズムの面からもしっかりサポートいたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

本業と両立し、韓国語の通訳案内士を取得。ゼロ~翻訳レベルまで

韓国語 いちから
上田隆夫 (韓国語)

渋谷・原宿・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・駒込・西国分寺・新秋津...

レッスンノート ページ先頭へ

韓国語情報

サイタの韓国語講師がブログを通して、韓国語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

韓国語の先生

@KoreanCyta