サイタ音楽教室キーボード教室 神奈川 向井 キーボード教室 レッスンノート キーボードパートを作る♬

キーボードパートを作る♬

キーボード教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。

「スノーグローブ」という曲ですが、 キーボードのパートがない譜面で、どう弾けばいいか?
という課題でした。
今後、そういう譜面が来た時には、コードで弾くしかありません。
今回は、提案 を書いていきましたが、急いでコードの勉強もしました。
鍵盤に慣れている生徒さんですので、(理論も必要ですが)音の響き で覚えるのも
早いと思います。

歌や他の楽器のリズム に合わせる ことも必要です。

歌が音を伸ばしているところは、何か音を入れる(コードの音を分解して、例えば Cのコードなら、ドミソドソミ など弾いたり)、同じ音で細かく刻む など次へつながるような工夫も必要です。
他の楽器が、リズム ではなく、メロディーを弾いていれば、邪魔をしないほうが
いいですし、そこは、スコアをよく見て何をすればよいか? を考えないといけませんね。
難しいかもしれませんが、自分のパートを作成してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

オールディーズ~ジャズオーケストラまで幅広く活躍。気軽にスタートOK

目的・種類別にキーボードレッスン・教室を探す

新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした。 あまり練習をしていらっしゃらないとのことですが、初めの方は音に慣れてきました。 レッスンの時間で何度か弾いていくうちに、調子が出てきます。 ピアノらしいいい音が出るようになりました。 右手の 4度の2音で半音ずつ上がっていくところは、p.ですのであま...

レッスン、お疲れさまでした。 ショパンのポロネーズ、なかなかご自宅での練習が難しいとの ことですが、時間をかけたところは、かなり安定して弾けるように なりましたね。 この曲は、指を目いっぱい広げてつかまないといけない 和音 が 沢山でてくるので、きちんと音を出すことが大変です。 ...

レッスンお疲れさまでした。 ショパンのポロネーズ、ずいぶん音に慣れてこられたように思います。 とても難しい曲ですので、まずは  ゆっくり きちんと 1つ1つの音を出す、ということが大事です。 ピアノを弾く ということは、上げた指を下へ降ろす ことでいい音が出るので、 実は、音を出...

レッスンお疲れさまでした。 ショパンの「英雄ポロネーズ」」をレッスンしています。 大きく手を広げる和音が多く、不協和音も多く、難易度の高い曲です。 長い前奏の後に、華やかな主題が現れますが、レッスンでは、その前奏部分に 取り組んでいます。 テレビドラマにも多く使われ、ポロ...

昨日は、レッスンお疲れさまでした。 このところレッスンしています ショパンの「英雄ポロネーズ」、まだ序奏部分を 少しずつ弾いているところですが、 レッスンの度にいつも、素敵な曲だなぁ・・・と思います。 こういう本格的なピアノ曲を弾いてみる ということは、とても、いいことですね。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

キーボード情報

サイタのキーボード講師がブログを通して、キーボード情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

キーボードの先生

@KeyboardCyta