サイタ音楽教室キーボード教室 神奈川 向井 キーボード教室 レッスンノート ゆっくり きちんと

ゆっくり きちんと

キーボード教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。

左手のバッキング、裏拍にきちんと入っているか? まずはゆっくり弾いて確かめましょう。
リズムがあやしい時には、1と2と3と4と の、どこでその音が入るのか? 
とにかくゆっくり、理屈で確認することが大事です。

そして、左手の音は、はっきりと出してください。

言ってらした ツーファイブ 、Ⅱ度⇒Ⅴ度⇒Ⅰ度 の進行ですね。
次回、実際に曲で使ってみましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

オールディーズ~ジャズオーケストラまで幅広く活躍。気軽にスタートOK

目的・種類別にキーボードレッスン・教室を探す

新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした。 難しいショパンのポロネーズに挑戦されています。 月一回のレッスンですし、譜面も難解ですので、先へ進むことがなかなか難しいのですが、徐々に進歩していらっしゃるように感じています。 最初のオクターブの強い音のあとにすぐ来る半音階は、指をしっかり動かさないと...

レッスンお疲れさまでした。 あまり練習をしていらっしゃらないとのことですが、初めの方は音に慣れてきました。 レッスンの時間で何度か弾いていくうちに、調子が出てきます。 ピアノらしいいい音が出るようになりました。 右手の 4度の2音で半音ずつ上がっていくところは、p.ですのであま...

レッスン、お疲れさまでした。 ショパンのポロネーズ、なかなかご自宅での練習が難しいとの ことですが、時間をかけたところは、かなり安定して弾けるように なりましたね。 この曲は、指を目いっぱい広げてつかまないといけない 和音 が 沢山でてくるので、きちんと音を出すことが大変です。 ...

レッスンお疲れさまでした。 ショパンのポロネーズ、ずいぶん音に慣れてこられたように思います。 とても難しい曲ですので、まずは  ゆっくり きちんと 1つ1つの音を出す、ということが大事です。 ピアノを弾く ということは、上げた指を下へ降ろす ことでいい音が出るので、 実は、音を出...

レッスンお疲れさまでした。 ショパンの「英雄ポロネーズ」」をレッスンしています。 大きく手を広げる和音が多く、不協和音も多く、難易度の高い曲です。 長い前奏の後に、華やかな主題が現れますが、レッスンでは、その前奏部分に 取り組んでいます。 テレビドラマにも多く使われ、ポロ...

レッスンノート ページ先頭へ

キーボード情報

サイタのキーボード講師がブログを通して、キーボード情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

キーボードの先生

@KeyboardCyta