音楽教室キーボード教室レッスンノート コード理論お疲れ様でした!

コード理論お疲れ様でした!

キーボード教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!『これを知ると何がいいのか』というのはあまりに素朴な質問で(笑)うまく答えられないのですが、今の自分や、自分と同じようにバンドをやっている人、ギターやエレクトーンを弾く人、ましてそれを職業にしている人…そういう人から『コードの知識』を取ったらめちゃめちゃ不便だと思います(笑)コードのわかる人どうしで会話しているので(^_^;)
まして作曲をするなら、メロディーを作ったら次にコード付け、というのが鉄板ですから…ピアノを弾ける人なら、コードを知らなくてもピアノで音が鳴らせれば成り立ちますが、人に伝える時にコードで伝えますよね。関ジャニがやってる『関ジャムなんとか』っていう音楽番組を見てみるといいですよ(^_^)v
補足ですが、Cメジャー7は本当はCメジャーメジャー7だってお話しましたよね。だからCマイナーメジャー7も当然あるのです。C7、Cm7、CM7、CmM7の区別を考えてみて下さい。

少し理屈はわかってきたので、音を出して音楽と結びつけて慣れていきたい所ですが、テキストを弾く時間がすぐなくなってしまってゴメンナサイ(^_^;)今度はちゃんとやりましょうね!
このレッスンノートを書いたコーチ

長年ロックバンドで活動中!ピアノレッスンも可、音感を磨きたい方もどうぞ

こずえのキーボード教室
柴山こずえ (キーボード)

金山・勝川・春日井(JR)・栄・小幡・喜多山・三郷・藤が丘・今池・東山公園・一社・植...

レッスンノート ページ先頭へ

キーボード情報

サイタのキーボード講師がブログを通して、キーボード情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

キーボードの先生

@KeyboardCyta