サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ 東京 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート 歌のメロディにも響の位置を意識しましょう!

歌のメロディにも響の位置を意識しましょう!

カラオケ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

リップロール
無駄な力が抜けてきているので、低音へのアクセスがしやすくなってきています。

高音部分の凝縮感も出てきています、さらに小さく集めていけるように練習しましょう。

lemon ♭2
歌い出し、頑張りすぎないように気をつけることと、口を大きめに開けて、口の中の空間を沢山使いましょう音は縦に集めて、横に広がらないようにだけ注意しましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

ゴスペルアウォーズ2004最優秀賞受賞!盛り上げ方までレクチャー

目的・種類別にカラオケ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

ハミングの響の位置が高く軽やかになってきています。 リップロールも同じくらい軽い感じで出してみましょう! 高音につれ力が入ってしまう原因に、高い音に行く前から声帯を厚く使ってしまっているのが、ひとつの原因なので、手前から薄くだす練習をしていきました mum mum mumと少し泣...

リップロールを短くして、上顎や高くなれば鼻の後あたりに投げるようにして出していきました。 その時に上顎と下顎は上下に離れていく感覚も忘れないでください。 口の中や咽頭の空間はポカーンと膨らんでいるような感じで、変に力は入れないでください 思わず声が出てしまったくらいの感覚までいけると良い...

リップロールの響の位置を高く感じるために、後頭部の方へ投げるようにして瞬間的に出してみました 息が大きくなりすぎないように注意して、小さく出していきましょう! リップロールが小さく凝縮できてきたら、そこから「い」の発音に変えていきましょう、その時もまずは投げる感覚で出していきましょう ...

久しぶりのレッスンでしたので、もう一度ハミングを調整していきました。 顎下と喉のリラックスが重要になってきますので、しっかりイメージと軽く手で触れながら確認して出していきましょう! 裏声が出にくい場合、感覚を掴むために引き笑いをしてもらいました 音がなってる場所や、響の大きさなど...

発声では、リップロールの精度をあげていきましょう ハミングを軽く出すときのように、リップロールも軽く響の位置も同じ所を目指してみてください。 ピッチが上がるにつれて、口の中の空間が縦に広がるように(ソフトパレットが高くなるように)していきましょう。 さようならの彼方へ ...

レッスンノート ページ先頭へ