サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ 東京 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート 歌のメロディにも響の位置を意識しましょう!

歌のメロディにも響の位置を意識しましょう!

カラオケ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

リップロール
無駄な力が抜けてきているので、低音へのアクセスがしやすくなってきています。

高音部分の凝縮感も出てきています、さらに小さく集めていけるように練習しましょう。

lemon ♭2
歌い出し、頑張りすぎないように気をつけることと、口を大きめに開けて、口の中の空間を沢山使いましょう音は縦に集めて、横に広がらないようにだけ注意しましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

ゴスペルアウォーズ2004最優秀賞受賞!盛り上げ方までレクチャー

目的・種類別にカラオケ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

発声では、ハミングを切りながらリップロールと合わせていきましょう まずは単音で一つ一つしっかり確認しましょう! その後にオクターブのスケールで響きを繋げていけるようにしましょう はじめは切りながら、単音の時のように確認し、徐々に繋げていくのがコツです! ギィギィとドアが軋むよう...

今回もハミングを使って発声していきました できるだけ小さい音で、軽く鼻の高さで響いてるのを感じながらだしましょう。 ハミングする時に喉仏が上に動いてしまうのは、顎下の筋肉が過剰に働いているので、顎下の筋肉が柔らかいのを確認しながら喉仏を軽く下になだめるようにしながら声を出していきました...

今回はカラオケの採点機能を使って歌っていきました 点数の要因となる音程正解率をもう少し上げていきましょう! 特に歌の出だしが不安定です。 もう少し軽く、ハミングで響く高さを確認してから声を出していきましょう。 リズムは少しタメ気味です、タイミングがズレてしまうと音程のバーのタイ...

体験レッスンお疲れ様でした! 声は声帯で鳴り、口の中や鼻腔に共鳴して様々な音を出します そして特に歌では音の高低があるのが難しいところになってきます。 音の高低によって声帯の使い方も変わってきます 今日レッスンでした色々なイメージの持ち方はその動きを助けるのにとても重要...

リップロール 無駄な力が抜けてきているので、低音へのアクセスがしやすくなってきています。 高音部分の凝縮感も出てきています、さらに小さく集めていけるように練習しましょう。 lemon ♭2 歌い出し、頑張りすぎないように気をつけることと、口を大きめに開けて、口の中の空間を沢山使...

レッスンノート ページ先頭へ