サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ 東京 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート 喉仏が上がりすぎないように気をつけましょう

喉仏が上がりすぎないように気をつけましょう

カラオケ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!

色々とお話を聞かせていただいて、本番が近いことで即戦力になるようなレッスンをご希望されていると思うのですが
現状の状態を良くしていくには、まずは喉や首周り顎の筋肉をリラックスさせてあげることが、まず必要です。
特に顎下の筋肉が喉仏を上に引き上げてしまう、引き上げ筋の一部でそこを柔らかくしてあげなければなりません。

ハミングを小さな声で顎下に親指を当てながら柔らかさを確認して出してみましょう
始めは出しやすい音程から下がっていき、次に上げていくようにしましょう
ゆっくり1音づつ確認しながら出しましょう。

発声の技術面はやはり時間はかかります…
即戦力として今の歌をもっと良くする部分では、リズムを意識してあげると良くなります!

意外と音程よりリズムの方が重視した方が良いくらいです!

まずはしっかり原曲を聴き込んで、音のアクセント、音の伸ばす長さ、切る場所まずはこれを意識することと、バックビート(2拍目と4拍目)を、しっかり感じながら、できれば細く(16ビート)感じましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

ゴスペルアウォーズ2004最優秀賞受賞!盛り上げ方までレクチャー

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! 今回は選曲をしていきました、歌いやすい曲も良いですが、少し自分にとって難しいかなと思う曲を挑戦していきましょう。 少し負荷がある方がトレーニングでも力を伸ばしていけます! 最後の雨は♭3で歌っていきました 「ギィギィ」と裏声で高いところを歌っていき...

リップロールはだんだんと回るようになってきています、ただ手でサポートをしてあげておいた方が良いです サポートなしでまわそうとする時は唇に力が入ってしまいがちです。 もっと顎したほっぺ、唇がリラックスした状態で、「思わず回ってしまった!」というくらいになるように頑張ってみてください! ...

体験レッスンお疲れ様でした! 色々とお話を聞かせていただいて、本番が近いことで即戦力になるようなレッスンをご希望されていると思うのですが 現状の状態を良くしていくには、まずは喉や首周り顎の筋肉をリラックスさせてあげることが、まず必要です。 特に顎下の筋肉が喉仏を上に引き上げてしまう、...

今回は前回のおさらいで、息の量による声の揺れをしたあと、ピッチの上下によるヴィブラート練習をしていきました! これもリップロールを使い、出しやすい音から始めて半音上に揺らしていきます メトロノームなどでテンポを出してそれに合わせて出していきましょう! 慣れてきたらだんだんと早くしてい...

レッスンお疲れ様でした! 発声では、音域を見ていきました ハミングで小さい音で出していきましょう! 音域は低い音から高い音まで幅の広い音域をしています、ただ中音域から高音にかけて、地声で無理に声を出す癖がついてしまっていて、高音域でのリラックスがなかなか出来ていない状態です。 ...

レッスンノート ページ先頭へ