サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ 東京 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート 喉仏が上がりすぎないように気をつけましょう

喉仏が上がりすぎないように気をつけましょう

カラオケ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!

色々とお話を聞かせていただいて、本番が近いことで即戦力になるようなレッスンをご希望されていると思うのですが
現状の状態を良くしていくには、まずは喉や首周り顎の筋肉をリラックスさせてあげることが、まず必要です。
特に顎下の筋肉が喉仏を上に引き上げてしまう、引き上げ筋の一部でそこを柔らかくしてあげなければなりません。

ハミングを小さな声で顎下に親指を当てながら柔らかさを確認して出してみましょう
始めは出しやすい音程から下がっていき、次に上げていくようにしましょう
ゆっくり1音づつ確認しながら出しましょう。

発声の技術面はやはり時間はかかります…
即戦力として今の歌をもっと良くする部分では、リズムを意識してあげると良くなります!

意外と音程よりリズムの方が重視した方が良いくらいです!

まずはしっかり原曲を聴き込んで、音のアクセント、音の伸ばす長さ、切る場所まずはこれを意識することと、バックビート(2拍目と4拍目)を、しっかり感じながら、できれば細く(16ビート)感じましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

ゴスペルアウォーズ2004最優秀賞受賞!盛り上げ方までレクチャー

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! 発声ではリップロールをしていきました 始めは遊ぶ様な感じで、まずは簡単に回せるようになるまで色々試してみてください! 「take a chance on me」 今日は最初のアカペラのところを歌っていきました メロディやリズムはなんとなく取れ...

発声では「ギィギィ」とドアの軋むような音を使って、できるだけ小さな音で出しましょう! 低音では少しづつ声帯が閉じるようになってきています、中音域は1番バランスをとるのが難しいところです 高音域で小さく集めてから音を下げていく練習をすると良いです! 「sun」原曲Key 低音...

リップロールはだいぶ軽く回るようになってきています。 その調子で続けてみてください^_^ 息の量が多くなりすぎないように、小さく回すようにしましょう。 地上の星はメロディに合わせて、「タン、タン、タン」とリズムを声に出してあわせていきましょう。 前回体でとったリズムも忘れないように...

リップロールの響きの位置をイメージしていくのに、ハミングが効果的です ハミングの響きの位置は鼻のあたり上顎のラインを意識して、そこを中心に音が響くようにイメージしましょう。 そこから「プン」と小さな「p」を意識してハミングと同じ響きの位置で出していきましょう! そこまで出来れば、軽くリッ...

体験レッスンお疲れ様でした! 今日は声の状態を見させてもらい、改善点を見ていきました。 発声に関しては、小さい音から始めて、息をたくさん使いすぎないように注意してください。 小さく「ギィギィ」とドアがきしむような音をイメージして裏声で出してみてください。 「Catch th...

レッスンノート ページ先頭へ

カラオケ情報

サイタのカラオケ講師がブログを通して、カラオケ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カラオケの先生

@KaraokeCyta