サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ 東京 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート 喉仏が上がりすぎないように気をつけましょう

喉仏が上がりすぎないように気をつけましょう

カラオケ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!

色々とお話を聞かせていただいて、本番が近いことで即戦力になるようなレッスンをご希望されていると思うのですが
現状の状態を良くしていくには、まずは喉や首周り顎の筋肉をリラックスさせてあげることが、まず必要です。
特に顎下の筋肉が喉仏を上に引き上げてしまう、引き上げ筋の一部でそこを柔らかくしてあげなければなりません。

ハミングを小さな声で顎下に親指を当てながら柔らかさを確認して出してみましょう
始めは出しやすい音程から下がっていき、次に上げていくようにしましょう
ゆっくり1音づつ確認しながら出しましょう。

発声の技術面はやはり時間はかかります…
即戦力として今の歌をもっと良くする部分では、リズムを意識してあげると良くなります!

意外と音程よりリズムの方が重視した方が良いくらいです!

まずはしっかり原曲を聴き込んで、音のアクセント、音の伸ばす長さ、切る場所まずはこれを意識することと、バックビート(2拍目と4拍目)を、しっかり感じながら、できれば細く(16ビート)感じましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

ゴスペルアウォーズ2004最優秀賞受賞!盛り上げ方までレクチャー

新着レッスンノート

今回は少し声帯の閉じ方が甘い感じがしました Vサインを作って声帯の形をイメージしながらリップロールしてみてくだしい! 曲は(くぅくぅ)と小さく出しながら、音を取っていきました。 歌詞に変えても同じサイズを心がけましょう 今回は原曲のkeyで歌いました 次回は少しKeyを下げて...

レッスンお疲れ様でした! 以前に比べ響きの位置が高くイメージ出来てきています。 次は共鳴をもう少し意識していきましょう 口の中、咽頭部分、鼻腔の大まかにこの3箇所が共鳴部分になります。 共鳴はギターでいうボディの部分です、中がしっかり空洞になっていないと音が響いてくれません それ...

レッスンお疲れ様でした! リップロールは長く伸ばそうとすると、響きの位置が下がってきますので、短く軽くだすようにしましょう 息は小さなストローを咥えてるようなイメージで、小さく出しましょう! 地上の星はkey♭6です。 曲を流しながら、一緒に歌ってみました 所々リズムが合わな...

発声では引き続き、響きの位置を高く保ちながら軽く声を出していきます 「ギィギィ」とドアが軋むような音をイメージして、小さく出しましょう 音の出だしが上顎の辺りから出るようにしましょう 癖で下の方から重く出してしまいがちです。 「orion」Keyは2つ上げてオクターブ下で歌っていき...

発声では、裏声で出すような高い音で小さくリップロールをしていきました 今回は響きの位置が高い位置で出せていました 次回も忘れないように練習する時は響きの位置を意識してみてください! sunはAメロからゆっくりメロディを取っていきました 歌詞で歌うのでなく、「くぅくぅくぅ」と小さ...

レッスンノート ページ先頭へ

カラオケ情報

サイタのカラオケ講師がブログを通して、カラオケ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カラオケの先生

@KaraokeCyta