サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ 東京 ユカのカラオケ教室 レッスンノート 楽しく歌う世界へ、ようこそ!

楽しく歌う世界へ、ようこそ!

カラオケ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

大学生4年生で就職も決まったとのことで、空いた時間を歌の上達に利用してみようとのこと。
これから社会人となり、カラオケの機会も増えると思いますので、今のうちのスキルアップは大いに大賛成!
上達を実感できるように、精一杯のことをさせていただきたいと思いました。

スピッツが好きとのことで、チェリーを歌っていただきました。

まず、ブレス(息継ぎ)のタイミングが普通の人の2倍くらいの長さということに驚きました。
運動されてたとのことで、肺活量がすごかったですね。
また、高い音程を(たぶん無意識に)綺麗な裏声に切り替えられるところも素敵でした。
ぜひ、生かしていっていただきたいポイントです。

課題は、喉で声を出していて、無理にがなるように歌う箇所もあったので、まずは基本の呼吸法と声の出し方をマスターしてもらうことが先決!と思いました。
腹式呼吸と簡単な発声を重点的にレッスンしました。

そして、さっきのチェリーを再度、合唱団かオペラ歌手のように歌っていただきました。
とても良い響きの声が出ていたと思います!

はじめてのことばかりで楽しんでいただけたようで、こちらももっともっと応援したいという気持ち、さらに高まりました!

発声は一度にマスターできることではないと思いますが、知っているのと知らないのでは全然違います。
ぜひまずは基本である腹式呼吸を、たまに思い出した時にも練習する癖をつけていただけたらと願います。
このレッスンノートを書いたコーチ

現役30年以上!歌以外にも司会やラジオで活躍するコーチと気軽に歌おう!

目的・種類別にカラオケ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

基礎トレーニングはDAMのボイストレーニングを活用してみました。 一人カラオケ行ったときにはご自身でもチャレンジしてみてくださいね。 歌はマリーゴールドを練習しました。 高音苦しくなるところは鼻声意識してみてください。 ラクに出るようになると思います。

基礎トレーニングでは、 音程とりが本当に上手く出来るようになり 成長を感じます。 曲では、メロディラインを意識すること、 高音、低音、落ち着くべき音にキチッと当てていくことに気をつけてください。 表現力豊かな歌を目指していきましょう。

今日は基礎の基礎トレーニングを行いました。 コツは ・あくびの喉 ・ブレスコントロール です。 歌の後半になると苦しくなる場合は 入れなくて良いチカラが入ってしまうということです。 そんな時は基礎にかえって、ブレスコントロールができているか、意識してみましょう。

本日は久しぶりでしたが90分と余裕があり、充実できたかと思います。 基礎の新しいもので、 滑舌のトレーニングを行いました。 歌は、上に上がって行く傾向があるので 意識をしてください。 すごく良くなっています! 自信持って歌えるレパートリーにしましょう!

はじめて歌を習うということでしたので、 腹式呼吸やブレスコントロール、正しい発声法など行いました。 初めてのことなので戸惑いもあったかもしれませんが、いかがでしたでしょう。 歌は、いつも適当に選択しているという歌と 本当に歌えるようになりたい曲を歌っていただきました。 当然ながら...

レッスンノート ページ先頭へ