サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ 東京 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート 喉が上下させてしまう不要な筋肉を脱力させましょう!

喉が上下させてしまう不要な筋肉を脱力させましょう!

カラオケ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!

始めにリップロールで現状を見させていただきました。

今の段階で1番気になるところは、喉が上下してしまう原因の首や顎の筋肉群が必要以上に力が入ってしまっているところです

親指を顎下においてハミングするエクササイズは喉を持ち上げてしまう引き上げ筋を脱力させるのに効果的です

リップロールの時に説明した、鼻、口、咽頭の空間を意識することも忘れないでください。


「奏」
Keyは♭2
全体的にはリズムも音程も良いのですが、発声の時にも気になった喉の無駄な力が響くはずの空間を狭めてしまっていて、口の先の方だけで歌ってしまってるようになっています
「お」の母音で口の中の空間と咽頭を意識して軽く歌ってみましょう
その時注意するのは空間を広げる意識に声は引っ張られないように注意です
声は口の天井に当たりそこから声が始まるように意識すると良いです!
このレッスンノートを書いたコーチ

ゴスペルアウォーズ2004最優秀賞受賞!盛り上げ方までレクチャー

目的・種類別にカラオケ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

裏声での音量にグラデーションをつけていきました 始めに出す小さい音が大切です! 出来るだけ息は少なく、それでいて響きは高い場所で軽い感じです! 声帯の閉じが感じにくい場合は、エッジの感覚や泣きの感覚を入れると閉じやすくなります。 小さく集めた音からスタートして、響の位置が落ちな...

レッスンお疲れ様でした。 声の調子をハミングで聞かせてもらいました 低音域や中音域は軽く出ていて良かったです。 高音域になってくると、徐々に力が入ってきますが できるだけ喉と声の響きの位置が上下に引っ張り合うように意識して見てください。 声のグラデーションですがこれはブレスの...

ハミングの響の位置が高く軽やかになってきています。 リップロールも同じくらい軽い感じで出してみましょう! 高音につれ力が入ってしまう原因に、高い音に行く前から声帯を厚く使ってしまっているのが、ひとつの原因なので、手前から薄くだす練習をしていきました mum mum mumと少し泣...

リップロールを短くして、上顎や高くなれば鼻の後あたりに投げるようにして出していきました。 その時に上顎と下顎は上下に離れていく感覚も忘れないでください。 口の中や咽頭の空間はポカーンと膨らんでいるような感じで、変に力は入れないでください 思わず声が出てしまったくらいの感覚までいけると良い...

リップロールの響の位置を高く感じるために、後頭部の方へ投げるようにして瞬間的に出してみました 息が大きくなりすぎないように注意して、小さく出していきましょう! リップロールが小さく凝縮できてきたら、そこから「い」の発音に変えていきましょう、その時もまずは投げる感覚で出していきましょう ...

レッスンノート ページ先頭へ