サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ 東京 アサコのゆったりカラオケ教室 レッスンノート 歌の基礎トレーニング〜初級編〜

歌の基礎トレーニング〜初級編〜

カラオケ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.口の形
「イー」と発音するときの、横に伸びた口の形をキープして下さいね。
「あ」の発音も「お」の発音もこの口になるよう常に意識してください。


2.発音・発声練習
①母音の発音
・いうえう、あおえお…など
母音のみを使って声出しして下さい。
・この時メトロノーム(テンポ60〜90)と一緒に行うとより良いです。
・母音を「粒」とイメージして、一つ一つ音として発音して下さい。

②発声
・(は、ひ、ふ、へ、ほ)で一つ一つ息を吐き切るように声を出して下さい。
・この時お腹を意識して膨らませるようにしてみて下さいね。

③ロングトーン
メトロノーム(テンポ90)で
・「声出す→息吸う→声出す→息吸う」×2を
4セット行って下さい。
・慣れてきたら、声を出す拍数を長くして下さい。
・息を吸う一拍もしっかりリズムに乗せるよう、注意して下さいね。


3.カラオケ実践
・その曲のメロディやリズムになれるまでは、カラオケの音程バーを見ながら合わせると良いかと思います。
・母音を意識して、言葉の始まりの音をやや強めに発音すると、歌詞にメリハリがつきます。
・バラードなどの「聞かせる曲」は、一言一言区切るように歌うと「語る」ような歌になります。
・歌詞の文章最後は息を吐くように発声すると雰囲気がでますよ。
このレッスンノートを書いたコーチ

劇団出身の先生が「正しい練習」を伝授!腹式呼吸~パフォーマンスのコツも

目的・種類別にカラオケ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

◎本日のレッスン内容 ①基礎練習 1)発声…リラックスして、声をお腹で支えて下さい。上を目掛けて息をたくさん出す。 2)滑舌…アイウエオ→口角を上げ、キビキビ発音すると○ ②ポイント練習 1) とにかく歌う練習を繰り返す。 2) 身体の中の感覚を覚える。(お腹、喉、胸の響き...

◎本日のレッスン内容 ①基礎練習 1)発声…力を抜いて、喉より腹を意識して下さい。 2)滑舌…アイウエオ→口は縦より横に。 ②ポイント練習 ○歌唱テクニック・総合 ・語尾→ 1)母音(アイウエオ)をしっかり発音する。 2)伸ばしたり、切ったり、変えてみるのも一つの手...

◎本日のレッスン内容 ①基礎練習 1)発声…話すようにナチュラルな声で 2)滑舌…アイウエオで、口を大きく動かして顔の筋肉をほぐして 3)抑揚…同じ音で強弱をつけて ②ポイント練習 ○歌唱テクニック・総合 ・語尾の処理…短い・長い、消える・残る、など変えていくと、...

◎本日のレッスン内容 ①基礎練習 発声→ ・口をたくさん動かして下さい(顔筋をほぐす為) ・お腹意識、上半身リラックス ②ポイント練習 ○女性パート、高音部分 →喉声にならない、声のチェック方法は二通りあります。 1、声で確認→耳で覚える 2、喉で確認→感覚で覚える ...

◎本日のレッスン内容 ①基礎練習 発声→腹式呼吸をしっかりと。 お腹から口まで筒(パイプ)が通っているイメージで、息を通す感じです。 ②ポイント練習 女性パート、アカペラ →脱力、腹式呼吸を意識して下さい。 上半身は動かない歌唱がベストです。お腹を張り続けるので、腹筋を使いま...

レッスンノート ページ先頭へ