サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ 東京 カラオケで上手に歌う、盛り上げたい!ヴォーカル教室 レッスンノート 口の中と喉のまわりをあくびの時のように大きくあけましょう!

口の中と喉のまわりをあくびの時のように大きくあけましょう!

カラオケ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!

レッスンは初めてとのことでしたので、基本的なところを中心に発声していきました

まず姿勢は、肩幅に足をひらき、まっすぐに立ちます
足の指は地面をつかむようにして、内股やお尻に少し緊張感を持たせます。
上半身はリラックスしましょう。

ブレスは鼻から吸って口から吐いて、深呼吸をします
リラックスすることが大切です
吸う位置を高めに感じて、鼻腔を広げましょう
へその下あたりにも空気が入ってくるようにイメージします
「すー」息をはいていく時は、同じ量を一定に出すようにコントロールしてください
「はっはっ」で息をはく時は頭を突き抜けるように息を出してみてください

発声では、息をしっかり流すことを意識しました
「はっはっはっ」で息から声に変えていく時は首周りの状態や息の量や出す方向を変えないように注意してください。 息をはくように、声も出るのが理想です!


「あいのうた」
少しキーが高いのもありますが、高音になるにつれて顎の力が入るのと口の中が狭くなっていくように聞こえます。
あくびの状態を意識するのと、「ほー」だけで歌ったりして、息を流すことと口をポカーンと開くことを練習してみてください!
このレッスンノートを書いたコーチ

ゴスペルアウォーズ2004最優秀賞受賞!盛り上げ方までレクチャー

新着レッスンノート

「い」の母音にGの子音をつけて、声帯の閉鎖を感じましょう ギィギィギィとドアがきしむような音をイメージすると良いです! その他ボーカルフライ(ザラザラした音)も良いです 今回試しに吸気でのボーカルフライもしてみました なる音は吸気の時が1番良くなっていました その感覚を呼...

リップロールは軽く回るようになってきています 息の量は出だしに爆発するように出すのでなく、油を流すように滑らかに出るともっと良いです 低音では咽頭の中でも下の方(下咽頭)を意識します 首の下を後に引っ張られるような感じや、あくびをイメージすると良いです! 「喝采」 まだ1箇所...

リップロールはまだ回りにくそうなので、まずハミングで音の鳴る高さを確認します その際鼻の奥を中心に鳴っている感覚が良いです 息の量は少なくし、針でつつくような感じで出してみましょう 音がなってきたらリップロールに移るのですが、切るようにして出してください、長く伸ばそうとすると力が入ってき...

リップロールは響きの位置は良くなってきています! あとは音の輪郭がボヤけているので、ハミングで声帯が閉じてるイメージを確認して、リップロールの時にも同じように声帯がストレッチさせていきましょう! 指のV字で、声帯に息が通ると同時に滑らかに閉じる様を見ながら練習してみましょう! 歌うた...

リップロールよりまずハミングの方が音のまとまりや、響きの位置が掴みやすいようです スタッカート(切るように)で出すと良いです! 歌では「スー」と息だけを使ってフレーズを頭で歌ってみましょう、息は一定に流れている感じが良いです! 歌詞に変えて歌っていく時に、高音の時には、ホースのイ...

レッスンノート ページ先頭へ

カラオケ情報

サイタのカラオケ講師がブログを通して、カラオケ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カラオケの先生

@KaraokeCyta