サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ 京都 木下ゆうきカラオケ教室 レッスンノート 7月9日

7月9日

カラオケ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

おつかれさまでした

呼吸

ロングブレス
脱力してできていますので、しっかり続けていきましょう

ドッグブレス
深く凹ます事と
動きの一本化(お腹の動きに集中)を意識しました
呼吸の音も変わり、深い息になりました
三回目は少し疲れましたね(^^)

タントリル
なかなか難しいようですので、舌の運動から続けていきましょう
前から知っておられたやつでもいいので、やってみてください

リップロール
おの口でやると、声の通り道が開いて深い音が作れます
おの口で慣れていきましょう

発声
喉の裏声はできてきたので、お腹で出せるようにするため、お腹で息を止める感覚で声を出しました
特に低音で喉につっかえがなくなったようになりました
高音はまだ喉にいく事が多いので、お腹を使える範囲を伸ばしていきましょう


お腹を意識しました
声に厚みがでていましたが、裏声が喉にいくので裏声が出しにくくなるんですが、そこをお腹で押していけるようにしていきましょう
このレッスンノートを書いたコーチ

日本音楽振興会の認定講師!老若男女、ジャンル問わず安心のレッスン

新着レッスンノート

お疲れ様でした 呼吸 少し良くなってきているかなと思いました ロングブレス伸びましたね 発声 息継ぎの時にお腹を緩めずにやりました そのおかげでロスが少なくなりました 言葉にもよりますが、より押せるようになってきた感じがありました 裏声に逃げず、切り替えたりしないように...

お疲れ様でした 呼吸少しずつ戻ってきました 息継ぎの時お腹を緩めずに声を出しました 息漏れが少なくなり息が続きました 曲にも慣れてきて音程も良くなってきました

お疲れ様でした 呼吸だけやりました ドッグブレス少し速くしてみました 速くするとしっかり動かす事を忘れたり肩が力んだりするので要注意です ロングブレスは歌で使うぐらい押しました あれぐらい押してください

お疲れ様でした 呼吸少し良くなってきました 発声ではお腹をかなり使ってもらいました 最後の方はヘトヘトでしたが、高音も低音も合ってきたり、効果あります 音程を上げる時に顎が上がり、音程を下げる時に顎が下がったりしてるので、まだ出しに行ってるところもあります 歌もかなり良く...

お疲れ様でした かなりお腹を使ってもらいました しんどかったとは思いますが、良い声が出ました 低い音も、お腹を押す事で音程が合うようになりました 歌も高いところがだいぶ楽になってきました

レッスンノート ページ先頭へ

カラオケ情報

サイタのカラオケ講師がブログを通して、カラオケ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カラオケの先生

@KaraokeCyta