サイタ音楽教室ボーカルスクールカラオケ 京都 木下ゆうきカラオケ教室 レッスンノート 7月1日

7月1日

カラオケ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

おつかれさまでした

呼吸

ロングブレス
肩を上げずに息を吸い、おへその下に力を入れて、歯と歯の間から細く長く吐いていきます
吸うときに頑張って吸ったりあまりたくさん吸おうとせず、自然に吸います
うまく出来ていたので、地道に続けてください

発声
口の開きをやりました
縦に長く、横に狭く
を意識して声を出しました
かなり熱心に意識して貰えたので、喉の負担がかなり減って、抜けがよくなっていました


発声でやったように、口の開きを意識してもらいました
かなり意識してもらえたので、言葉自体は崩れてしまいましたが、今は最初なのでやり過ぎぐらいで構いません
それ程意識して下さった方は初めてだったので、やる気も感じましたし、嬉しかったです
慣れてきたらもう少しバランスがとれて来るので言葉を崩さず口の形を作れるようになります
やはり喉の負担が少なくし、声が出しやすくなっていました
このレッスンノートを書いたコーチ

日本音楽振興会の認定講師!老若男女、ジャンル問わず安心のレッスン

新着レッスンノート

お疲れ様でした 体調悪かったですが、なんとかレッスンできました 踏ん張りところをみぞおちに変えてみました こっちの方が力が抜きやすいと思います 声は、温かみが出てきました 「イ」の母音の言葉をしっかりお腹で踏ん張りましょう

お疲れ様でした 力を抜いて踏ん張りました 少し喉が軽くなった感じがあり、音程取りやすそうでしたが、疲れでお腹が使いきれず、音程外すところもありました 表面がカチカチにならない力の入れ方で頑張ってお腹を精一杯使っていきましょう

お疲れ様でした 鼻を使おうとしてお腹ぎ緩む事がありました 同時に使うのは難しいですが、バランスとっていきたいです

おつかれ様でした かなり鼻を使うトレーニングをしました だいぶ声が楽になりましたね

お疲れ様でした 背中痛くなりましたが、結構集中してできました んハミングをして、ハミングの場所のまま声を出す練習をしました 歌 声の伸びが良くなりました 良い声で綺麗に出てました 消えないように傷つけて、の、て、が喉にいきやすいので、あの部分もしっかり押して下さい ...

レッスンノート ページ先頭へ

カラオケ情報

サイタのカラオケ講師がブログを通して、カラオケ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カラオケの先生

@KaraokeCyta