サイタ音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル 東京 Makikoジャズヴォーカル講座 レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ジャズボーカルレッスンのレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

昨日は体験レッスンにお越しいただき、ありがとうございました。
以下、レッスン内容を記載しておきます。

①リップトリル
音程が動くと一緒に首が無意識で上下に振れてしまうと音程も揺れてしまうので、なるべく顔は動かさないようにしましょう。
高音にさしかかったら、お腹を意識して重心を低くしてあげると声を支えることができます。

②「に」でミドルボイス発声
鼻や頬骨を共鳴させる発声法です。キャットボイスという場合もあります。ポップスやジャズだと、ミドルボイスが使えればほとんどの曲、網羅できると思います。
「な」行はもともと鼻に響きやすい言葉なので、初めはこれから練習すると良いです。うまく共鳴できるともっと声量が出てくると思います。

③The shadow of your smile(key:G)
jazzの曲に取り組むときは、まず自分に合ったキーを探しましょう。張りすぎずに多少高音に余裕があるキーを推奨致します。
まずはオリジナルのメロディを確認して、フェイクを一切せずにストレートに歌えるようにしましょう。
フェイクやビブラートの多用は、歌唱を誤魔化すことに繋がりかねないので、使用する際は気をつけましょう。
ジャズは言葉にメロディを乗せるので、喋る練習をしてからメロディをつけてみて下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

アイドルグループも指導する帰国子女!短期間で上達する方法教えます

新着レッスンノート

先日はレッスンお疲れ様でした。以下、レッスン内容を記載しておきます。 ①リップトリル ②スタッカート 横隔膜周りの筋肉を、声が出るときに外側に出します。声が出るときに凹まないように気をつけましょう。慣れないうちは声を出す前にお腹を少し凹ませておくと前に出しやすくなります。 この筋肉...

先日はレッスンお疲れ様でした。 以下、レッスン内容を記載しておきます。 ①リップトリル ②「な」行発声 ③east of the sun 2コーラス目にフェイクを交えながら全体を通していきました。発声の際は気にならないのですが、歌になると声を抑えてしまうようで、こもって聴こえます...

昨日はレッスンお疲れ様でした。以下、レッスン内容を記載しておきます。 ①リップトリル 時々出だしで止まってしまうのは、息が出る方向が真っ直ぐでなく、下向きに出ている時です。音程に関わらず息は最初から最後まで真っ直ぐ、同じ量を出すように意識しましょう。 ②「な」行発声 高音も、力...

先日はレッスンにお越しいただき、ありがとうございました。 以下レッスン内容を記載しておきます。 ①リップトリル ②ミドルボイス発声 「に」はかなり安定して発声ができてきました。他の母音、または子音に変えた場合でも同じように発声できるようにしていきましょう。 舌の位置や唇の形で...

本日もレッスンお疲れ様でした。 以下レッスン内容を記載しておきます。 ①リップトリル 下降系のときは徐々に、息が当たって響く場所を胸のほうにスライドさせていきましょう。 ②低音域発声 低い音域は胸を開き、喉を開いて胸kら音を出すようなつもりで発声すると良い響きのなります。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

ジャズボーカル情報

サイタのジャズボーカル講師がブログを通して、ジャズボーカル情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!