音楽教室ボーカルスクールジャズボーカルレッスンノート 5/11体験レッスン

5/11体験レッスン

ジャズボーカルレッスンのレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンにお越しいただき、ありがとうございました。以下、本日の内容を記載しておきます。

①ブレスコントロール
ブレスをするときは、吐くときも吸うときも息の音が聞こえるようにしましょう。息をすることに集中し、吸う長さと吐く長さを揃えて、呼吸が円を描くようにイメージして安定させましょう。

②リップトリル
ブレスの延長であり、喉のストレッチにもなります。
手で補助をして構わないので、息に乗せて発声をしましょう。

③You'd be so nice to come home to
ジャズをやるときはまず初めにキーを決めましょう。お渡しした譜面はDmでしたが、実際は全音あげてEm歌っていただきました。
歌い方がメロディ重視でポップス調なので、歌詞重視でそこにメロディが乗っかっているようなイメージで歌うと、歌いやすくなります。
歌詞の塊を意識しましょう。

④Cry me a river
キーは譜面通りGmです。曲によってキーは変わっていきます。
バラードはどうしてもテンポが遅いため音が伸びていたり、休符も多いので、間をとることを恐れずに、歌い出す前には一旦待つようにすると歌いやすいです。
"r"の発音が少し弱いので、ハッキリと言うようにしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

アイドルグループも指導する帰国子女!短期間で上達する方法教えます

レッスンノート ページ先頭へ

ジャズボーカル情報

サイタのジャズボーカル講師がブログを通して、ジャズボーカル情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!