サイタ音楽教室ボーカルスクールジャズボーカル 東京 Makikoジャズヴォーカル講座 レッスンノート 本日もレッスンお疲れ様でした!...

本日もレッスンお疲れ様でした!...

ジャズボーカルレッスンのレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日もレッスンお疲れ様でした!
以下、本日の内容を記載しておきます。

①リップトリル
高音から始める際は息が強く出すぎてしまわないように気をつけましょう。最初から最後まで同じ強さ、同じ位置で息を吐きましょう。

②Ipanema
安定していると思います。マイクスタンドは一番安定する位置を探して下さい。ほとんどのマイクは単一性なので中心を狙わないと音を拾いません。マイクが口の前にストレートにくるように位置を調整しましょう。

③オルフェ
エンディングは可能な限り長く伸ばしましょう。ブレスをしっかりとって、クレッシェンド、デクレッシェンドをつけて息を長く保ちましょう。

④All of me
テンポはよく検証しましょう。早すぎて音が硬くなっています。滑らかに歌いましょう。スキャットやフェイクは安定していると思います。

⑤Autumn leaves
introはたっぷりと、スウィングはフランス語の影響でのっぺりとしているので、なるべく軽く歌うように心がけましょう。

⑥fly me to the moon
メロディフェイクはやりすぎないように、もとのメロディをもっと起用しましょう。後半のAでフェイクをしてみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

アイドルグループも指導する帰国子女!短期間で上達する方法教えます

新着レッスンノート

本日もレッスンお疲れ様でした。 以下、レッスン内容を記載しておきます。 ①リップトリル ②「な」行、「は」行、「S」発声 ③イヤートレーニング 1)固定音感 2)相対音感 ピアノで鳴らした音をそのまま歌う音感と、鳴った音から想像して歌う音感は少し感覚が違います。 ジャズ...

本日もレッスンお疲れ様でした。 以下、レッスン内容を記載しておきます。 ①リップトリル ②スタッカート発声 横隔膜付近の筋肉を内から外へ押し出すように力を入れて、音を短く切っていく練習です。この筋肉は主に声を支えて、力強く、安定させてくれる筋肉なので、動かして、意識的に使えるよ...

先日はレッスンお疲れ様でした。以下、レッスン内容を記載しておきます。 ①リップトリル ②スタッカート 横隔膜周りの筋肉を、声が出るときに外側に出します。声が出るときに凹まないように気をつけましょう。慣れないうちは声を出す前にお腹を少し凹ませておくと前に出しやすくなります。 この筋肉...

先日はレッスンお疲れ様でした。 以下、レッスン内容を記載しておきます。 ①リップトリル ②「な」行発声 ③east of the sun 2コーラス目にフェイクを交えながら全体を通していきました。発声の際は気にならないのですが、歌になると声を抑えてしまうようで、こもって聴こえます...

昨日はレッスンお疲れ様でした。以下、レッスン内容を記載しておきます。 ①リップトリル 時々出だしで止まってしまうのは、息が出る方向が真っ直ぐでなく、下向きに出ている時です。音程に関わらず息は最初から最後まで真っ直ぐ、同じ量を出すように意識しましょう。 ②「な」行発声 高音も、力...

レッスンノート ページ先頭へ

ジャズボーカル情報

サイタのジャズボーカル講師がブログを通して、ジャズボーカル情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!