サイタ趣味の習い事大道芸教室ジャグリング 東京 ジャグリング ライフ レッスンノート 3ボールカスケード

3ボールカスケード

ジャグリングやり方教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした🤹‍♂️

短い時間に沢山の情報を詰め込んだので、要点を纏めます!

ホームポジション
①顎を上げ過ぎない
顎を上げ過ぎると視界に手を入れたい為に腕の位置が上がりやすくなります。
すると、ボールの滞空時間が短くなり更にボールを高く投げなくてはいけなくなり、負の連鎖、万歳ジャグリング がスタートしてしまいます。これは中々続けるのは難しく、ボールの数が増えて行くと更に困難になります!

ボールの高さはいつも通りの高さで構いません!顎を引き腕の位置は腰の辺りにポジショニングする事により、ボールの滞空時間に余裕が生まれます。

姿勢を意識して連絡して下さい🤡

②リズム
右手スタートで、右手の2投目。つまり、全体で言う3投目が真ん中に上がってしまい、尚且つ低めです。
すると、左手の2投目の投げる準備が整う前に右手から投げたボールが落下して来てるのでリズムが崩れがちでした!
右手の2投目を高めに左に投げるのを意識すると次の左手からのボールも投げやすくなります!

ジャグリング はその連続です!
しっかりボール投げる!
しっかりボールをキャッチする!

しっかりボールをキャッチする事により、しっかりボールを投げる事が可能になります。
1人キャッチボールです。取りやすい所に投げてあげて下さい!
その際意識する事は、空中に浮かんでいるボールは1つだけ!って事です。3つ持っていると、慌ててしまいがちですが、実際は1つのボールを入れ替えているだけです。無意識だと、ボールにジャグリング されてしまいがちですが、意識してボールをジャグリング して行きましょう🤹‍♂️

ボールの落下位置の予測は出来ていて、完全にボールは追えていました!
空間認識力が高いのはジャグリング をやる上で有利です!
しかし、落下位置が分かって、取れたとしても、続かなければ目標達成出来ません。
落下位置を予測し、次投げる準備を早目に正確に整える!!その連続です🤹‍♂️
3投を4投に、4投を5投に、地味では有りますが1投1投意識しながらやり、投数を増やしていって下さい。
そのうち鼻歌歌いながら出来る様になってます

続けて練習すると、疲れてホームポジションが崩れやすくなります。
ポジション気を付け下さいね!

かなり蒸し暑い中、蚊に刺されながらの1時間(T_T)
ゆっくり身体ケアして下さい!お疲れ様でした🤹‍♂️
このレッスンノートを書いたコーチ

元スタントマンのコーチ。個々の姿勢やリズムに合わせ、基本から丁寧に指導

新着レッスンノート

本日はいつもの導入の動きからスタート。 とてもスムーズにボールを捌けていました!! もう少しだけ低い位置でやると纏まって見えて、見栄えが良くなりますよ🤹‍♂️ その後盛り沢山の新しい動きをしました! ①スチール ②ネックキャッチ ③ピルエット リズム、空間認識が必要な動きですが、...

お疲れ様です🤹‍♂️ 本日のレッスンのポイントは2点 ①ボールが、視界から消えない様に、身体の中心上空目掛けて投げる! ②利き手でない右手で投げる際、アクセントを付け投げる!(特に二投目。色分けされているボールなので、投げたボールの軌道を追い易いと思いますので、何投目の何色、つまり右手左...

5ボールカスケードをやるにあたり大切な事は、まずイメージです!頭にボールの理想の軌道が描けていないとただ惰性で投げているだけとなります。 ボールを触る練習は勿論大切ですが、その前にイメージが無ければ効率の良い練習にはなりません! 自分が5ボールカスケードを出来てるイメージ!さらにはリバース...

本日はミルズメスに集中して練習を行いました🤹‍♂️ その為導入部分では、クロスして投げる、クロスして取る。等に力を入れて行いました! 1、技が出来ないのは、技を理解し切れていない部分が大きいと思います。 が、 2、技が続か無いのは、コントロールやキャッチミス、リズムが原因になる...

本日はボールジャグリング カスケードマスターを目標にレッスンしました! まだボール買って1週間程度「2つしかやった事が無い」との事でしたが、 逆に早目にレッスンを受けて頂けたのが良かったと思います!何故ならば、クセが無く、素直なジャグリング が身に着くからです🤹‍♂️ 技を続け...

レッスンノート ページ先頭へ

ジャグリング情報

サイタのジャグリング講師がブログを通して、ジャグリング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!