音楽教室ジャズピアノ教室レッスンノート アドリブの技法

アドリブの技法

ジャズピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日はレッスンお疲れ様でした。レッスン内容の確認をさせていただきます。

1.ブルーノ マーズのソロピアノアレンジは、右手メロディーを弾いていただきながら改めて流れを説明させていただきました。

2.アドリブの技法を改めて整理、説明させていただきました。今回はFの「大きな和音」を使い、ずらし、マルチモチーフのトレーニングを説明させていただきました。

①ずらし

まず3つのトピックがあります。

・モチーフ

音形、メロディーのかけらです。お家を立てる柱の一本一本です。

・繰り返し

モチーフを1小節か2小節の定期的な間隔で配置します。

・ずらし

配置したモチーフを弾くタイミングをずらします。

‥以上3つを使い、以下の練習を行います。

1.モチーフ1の

ったっっ っっっっ

を1小節としてこれを2回繰り返し、「繰り返し」とします(「た」で和音を弾き「っ」で休みます)

2.二回目に来る「た」をずらして以下の様にします。(「あ」は弾いた和音を伸ばします)

・前にずらす

ったっっ っっった
ああああ ああああ


・後にずらす

ったっっ っっっっ
っっった ああああ


以上をメトロノームをかけて弾きます。弾く和音はF7だけで結構です。 最初は=60で始め、慣れたらだんだんスピードを上げて見てください。

以上が「ずらし」のトレーニングです

②マルチモチーフ

資料の3つのモチーフをつなぎ合わせ、フレーズを作ります。

・ったっっ

・ったあっ

・たたっっ

以上の「た」「あ」の部分を繋げて1小節の中で弾きます

1+3

・ったたた っっっっ

2+3

・ったあっ たたっっ

などです。これを一小節単位で繰り返し弾きます。Fの和音だけで、メトロノームをかけて練習してみて下さい。

もし余裕があれば、上の例などの簡単なマルチモチーフで、ずらしをやってみて下さい。


3、ブルースのアドリブモデルを確認させていただきました。

幾つかタイミングなど修正させていただきましたが、かなりきちんと弾けていらっしゃったと思います。

お渡しした「ベースライン」をピアノに録音し、一緒に弾いて下さるようお願いしました。

4.以下、練習の優先順位です。

①アドリブモデル

②ずらし、マルチモチーフ

③When I was your man

レッスン内容は以上です。
このレッスンノートを書いたコーチ

レストランで演奏!アイリッシュ音楽も弾きこなす癒し系講師

レッスンノート ページ先頭へ

ジャズピアノ情報

サイタのジャズピアノ講師がブログを通して、ジャズピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ジャズピアノの先生

@JazzPianoCyta