サイタ音楽教室ギター教室ジャズギター 東京 武田ジャズギター教室 レッスンノート レッスン3回目

レッスン3回目

ジャズギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

Cのブルースのバッキングに合わせソロを取ってもらい、アドバイスしてます。ブルースペンタやメジャーペンタを中心に上手に弾けていると思います。ここでミクソリディアンスケールを紹介し、少し違った雰囲気になる事を実際に弾いて説明してます。またバッキングがしっかりと弾けるように指導してます。
マイナーの代表的なスケール、ナチュラルマイナー、ハーモニックマイナーとドリアンスケールを紹介して、雰囲気の違いも聴いてもらっています。
色々なポジションで先のスケールが弾けるようになると俄然幅が広がります。今は理論的に理解するよりも弾けるようになった後に考えていけば良いと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

コンテスト受賞歴多数。初心者には楽しく、上級者には理論も交えて指導!

新着レッスンノート

今回も引き続きCandy のコードのおさらいをやりました。 前回教えたコードで押さえにくいコードに修正を加えていきました。 そうは言っても難しいとは思いますが、頑張っていきましょう!

技術的にはしっかりしているので、自分の演奏することが理論的に理解できれば上達すると思います。 キーがCでの1625の色々なコードヴァリエーション、メジャー&ブルースペンタトニックとC△7のアルペジオについて解説して、資料を渡してます。 毎回資料をもとに解説していきたいと思います。

2516の4つ刻みの練習のやり方を解説してます。 得意のテンポをメトロノームに合わせて練習、出来るようになったら、速度を上げ下げして練習。ともかく、メトロノームに合わせて、キープしながら数分間弾き続けられなくては曲が弾けないので、しっかりと練習の必要があります。

僕と学年がひとつ違いで、聴いて来た音楽や好きなギタリストがほぼ同じでとても話が合い楽しかったです。 ギターについては充分弾けてますので、ブルースやスタンダードを題材にジャズっぽいフレーズやコードワークを勉強すれば飛躍的に伸びると思います。

随分と練習して来ていますので、上達も早く教え甲斐があります。 間奏のギターソロとサビ前までのコードストロークを引き続き練習してください。 ストロークは2、4拍のアクセントに気をつけてください!

レッスンノート ページ先頭へ

ジャズギター情報

サイタのジャズギター講師がブログを通して、ジャズギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!