サイタダンス教室ジャズダンススクール 東京 亜海ジャズダンススクール レッスンノート 踊れる身体作りのスタート

踊れる身体作りのスタート

ジャズダンススクールのレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

「夏の本番までに、踊れるようになりたい」
そんな想いを事前に伺っての体験レッスンでした。
聞けば過去にダンスレッスンを受ける機会があったものの、身体に馴染まず、それ以来ずっと敬遠していたとのこと。
苦手意識をずっと抱えてきて、再び踊る道を選択するというのは大変な決断だったと思います。

初めての方には、まずどんなことができて、どんなことができないのかを把握するところから始まります。そのためトレーニングを交えたウォーミングアップから、少しずつ身体を慣らしていきます。
その後は舞台に立つことを意識して、プリエをベースとした身体の魅せ方を少しずつ取り入れるようにしました。

ご自身でも充分自覚されているのですが、身体を動かすのは苦ではないものの、体幹がやや弱いという印象です。(どうしても意識しないと筋力や柔軟性が落ちやすいところですので)
しかし自身の弱点を理解しているというのは、上達のための大きな強みであり、成長が期待できるということ。何より体験者さんの「人前で踊れるようになりたい!」という強固な決心が、眼から身体から溢れ出ていて素晴らしいのです。
魅せる身体と動きへの探究は、どれだけ経験を重ねても重ねても限りがありません。
これから私も一緒に、楽しく美しい踊りを目指して頑張っていきたいと思います。
新着レッスンノート

前回思ったよりも足の調子が良さそうでしてので、少し負荷のかかるストレッチからスタートです。 筋トレをガシガシやってしまうより体幹がじわじわ鍛えられるので、レッスンでは積極的に取り入れるようにしています。 ただし負荷が加わると力んでしまって、呼吸が止まったり浅くなってしまいやすいので要注意で...

しばらく間が空いてしまいましたが…久しぶりのレッスン、私がとても楽しみにしていました(^^) お怪我をされて、まだ完治してないとの事でしたので、今回はリハビリ程度の内容にしましょうと事前に打ち合わせておりました。 身体をちゃんと動かすことも久しぶりのようでしたので、まずはフロアでのスト...

本番翌日、それも朝からのレッスンを受講してくださいました。 本人は行ける!と思っていたようですが、どう見ても身も心も疲労困憊です… とにかく背中、肩甲骨周りがいつも以上に固まってしまっていたので、動かしにくい部位を重点的に緩めるところから始めました。 身体のコンディションはいつも...

今回は久しぶりに床からではなく、少し負荷をかけた(主に下半身)ストレッチからスタートしました。 同じ姿勢をキープするというよりも身体をどんどん動かしながら行うので、これだけでも徐々に身体が温まっていきます。 受講者さんがやや体幹が弱いということもあり、その流れで下腹部を意識した腹筋も取...

前回よりも広めのスタジオを取っていただき、しっかりと動ける空間を確保することができました。 毎度恒例となっていますが、近況を伺いながらのストレッチでレッスンをスタートします。 (お話しながらだと自然と呼吸ができるから良い+コミュニケーションも取れる、という一石二鳥ということにさせてくだ...

レッスンノート ページ先頭へ

ジャズダンス情報

サイタのジャズダンス講師がブログを通して、ジャズダンス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!