資格取得講座医療事務資格講座レッスンノート レセプトチェックの基本

レセプトチェックの基本

医療事務資格講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回のレッスンでは、レセプトチェックの基本ということで、紙レセプトをチェックするときに、どんなことを気をつけて見ていけばいいのかについてお話ししました。

今回は、頭書き情報から初再診までのレセプトチェックのポイントとして、資料を見ながらご説明しました。
具体的な診療項目などについては、今後詳しくやっていきましょう。

今すぐにできることは、

1.本を参考に薬剤に対しての適応病名をつける場合には、他の薬剤の禁忌にならないか気をつけること!
例えば、消化器内科で胃潰瘍と病名をつけた時に、整形外科でロキソニンが処方されていたらNGです。禁忌のことも考えながら病名がつけられるといいですね。

2.カルテを見るときは、患者さんの訴えや先生の考えが書いてある二号用紙の左側も積極的に見ること!
ストーリーでとらえると、覚えやすくなりますし、先生がどうしてその検査をしたのかなど理解が深まります。

3.一度調べたものを、また調べたり、また調べる時間を短縮するために、ノートにまとめたり、調べたページに付箋をつけたりしておくこと!
今までのレセプトでのことを思い出していただいて、調べたものがあれば、ぜひまとめて頂くことをオススメします。

以上の3点になります。

初回の体験レッスンということもあり、現状をヒアリングしながらでしたが、総合病院にお勤めとのことですので、今後は総合的に内科のことをやりつつ、まずは泌尿器科、整形外科から勉強していけたらと考えています。
もちろんその都度、働いていて出てきた疑問点などがあれば、優先してご説明しますので、疑問点などはなるべく具体的にまとめてきて頂けると有り難いです。
個人情報が消してある実際のレセプトなどがあると、より説明しやすいので、もし可能でしたら、ぜひお持ち下さい。
難しければ、メモなどでももちろん構いません。

総合病院のレセプトなので覚えることはたくさんありますが、少しずつ着実に進んでいきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

専門学校・大学での指導、講演・医療機関のスタッフ育成など幅広く活動

現場ですぐ使える医療事務講座
木村ユミ (医療事務)

池袋・田端・西日暮里・日暮里・上野・武蔵浦和・南浦和・南越谷・高崎・尾久・赤羽・浦和...

レッスンノート ページ先頭へ

医療事務情報

サイタの医療事務講師がブログを通して、医療事務情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!