語学の習い事インドネシア語教室レッスンノート インドネシア語の概要と今後の授業の進め方

インドネシア語の概要と今後の授業の進め方

インドネシア語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

Selamat pagi. Maaf, saya terlambat mengirim catatan pelajaran Kemarin.(おはようございます。昨日のレッスンノートの送信が遅くなり申し訳ありません。)

1.インドネシア語とは?
インドネシア語は東南アジアで古くから話されていた交易語ムラユ語を起源とし、戦後インドネシア独立の際に公用語として制定されました。その為、同じくムラユ語を起源とするマレー語と大変よく似ています。

2.インドネシア語の特徴
名詞に単数、複数の区別のない事や、基本的には男性名詞、女性名詞の区別がない事、時制による動詞の活用変化がない事を説明しました。また文形は英語と同じくSVOの並びになります。但し修飾は必ず後ろからかかるので、この点は英語と違うので注意が必要です。

3.アルファベットの読み方
英語と違う読み方で、よく使うアルファベットA,C,E,R,V等に注意しました。

4.発音
母音のうち、eの2つの読み方に気を付けました。
①日本語のエに近い音
②エとウの曖昧音:エの口でウを曖昧に弱く発音

5.テキスト選定
スリーエーネットワーク「インドネシア語初級」ホラス由美子著を基軸とし、副読本として旅の指さし会話を使用する事となりました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国営インドネシアラジオ放送でニュース翻訳も!ゼロ~上級まで気楽に学べる

インドネシア語教室ヒロ
林谷敬代 (インドネシア語)

東京・品川・横浜・五反田・目黒・恵比寿・渋谷・浜松町・武蔵小杉・蒲田・自由が丘

レッスンノート ページ先頭へ

インドネシア語情報

サイタのインドネシア語講師がブログを通して、インドネシア語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

インドネシア語の先生

@IndonesianCyta