Web・デザインスクールInDesign教室レッスンノート Photoshopで背景を消した切抜き画像を作成

Photoshopで背景を消した切抜き画像を作成

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!

今日は、Photoshopで背景を消した切抜き画像を作成しました。
まずは、必要な部分と不必要な部分を分けるところから始めます。

今回練習で使った画像は、必要でない背景部分の色が単色だったのでこちらを選択しました。
選択するときに使ったのは、クイック選択ツールです。
このツールは、似たような色を識別し選択します。
これで、おおよその範囲を選択していただきました。

ただし、クイック選択ツールだけ使用すると、欲しい部分が選ばれなかったりして、正確には選択されていません。
この後、微調整を行うためにクイックマスクモードを利用しました。

クイックマスクモードは、ツールパネルの下部にあるアイコンです。
こちらをクリックすると、青もしくは赤の半透明で覆われた部分とそうでない部分に分かれて表示されます。
この状態で、ブラシツールや消しゴムツールをつかって選択範囲を整えてください。
ブラシや消しゴムの半径の大きさは、自由に変更できるので、画像に応じて最適な大きさで作業するようにしてください。

正しく選択すれば、あとは必要な部分だけを抽出すればいいです。
この時、不必要な部分を削除する場合とレイヤーマスクを用いて必要な部分のみを表示させる場合の2パターンがあります。
いらない部分を削除するほうが簡単ですが、あとから背景が必要になる場合もあるので、注意してください。
もし削除したときは、別名で保存することをお勧めします。
このとき、レイヤーが「背景」のままであれば、削除しても背景は白のままです。
必ず「背景」を「レイヤー0」に変更しておいてください。
やり方は、レイヤーパネルの「背景」と書いてある部分をダブルクリックすることでできます。

レイヤーマスクは、その名のとおり指示したレイヤーをマスク表示させるものです。
必要な部分のみを選択しておいて、レイヤーパネルのレイヤーマスクのアイコンをクリックするだけで、自動的にレイヤーマスクが作成され、必要な部分のみを表示できます。

レイヤーマスクは、切抜き画像を作成する以外にも使えるので、ぜひ覚えておいてくださいね。
たとえば、今日のレッスンでは楕円形で選択したあと、選択範囲の変形機能を用いて選択範囲をぼかしたあと、レイヤーマスクをかけると範囲がぼけたかんじに切り抜かれました。
また、グラデーションを利用してレイヤーマスクを行うと、そのグラデーションに応じて画面が表示できます。
表現の仕方が広がる機能なので、ぜひご自宅でも練習してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

商社での指導や雑誌作成経験!セミナー講師も務めるベテランの先生

タグチ・DTPスクール
田口奈緒子 (InDesign)

名古屋・金山・千種・栄・伏見・新栄町・今池・池下・覚王山・本山・星ヶ丘・一社・久屋大...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta