サイタWeb・デザインスクールInDesign教室 東京 InDesignで本づくり教室 レッスンノート 操作上の不明点についてご案内

操作上の不明点についてご案内

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

現在制作されているドキュメントについて、不明点などをご案内しました。

【画像の配置について】
画像を配置するときは、「ファイル」メニューから「配置(ショートカット:commond + d)」する方法が一般的ですが、フォルダーから直接画像をドラッグしていただいても大丈夫です。ケースバイケースで使い分けていただくと良いと思います。

画像を配置するとき、ドラッグした状態で矢印キーを操作するとドラッグ範囲が分割されます。例えばグリッド式に一度にまとめて画像を配置するときに便利です。

また、配置した画像を差し替えるときも、配置コマンドを使うと、差し替える前と同じ倍率で画像を置き換えられます([リンク]パネルの更新でも同じことができます)。

【[リンク]パネルについて】
InDesignドキュメントに配置した画像を管理するには[リンク]パネルを使います。
リンク切れを起こしたり、色補正などで画像が更新されていると、[リンク]パネルが警告表示されます。
警告表示がある画像のファイル名のところにあるページ番号をクリックすると、該当の画像へ画面移動しますので、[リンク]パネル下部にある鎖のマーク「再リンク」ボタンをクリックします。表示された画面でリンク切れしている画像を選択すると、リンク切れを解消できます。
InDesignではリンク切れしていても、画像のサムネールがそのままページ上に表示されます。あくまでサムネール情報のみですから、そのままではきれいに印刷されません。[リンク]パネルを使って状態をチェックしましょう。

【データ収集(パッケージ)について】
ラフデザインを進めていると、色々な場所から素材を配置しているうちに、画像のリンク先が多数になってしまうことがありますね。よく分かります。
そんな時は、ある程度レイアウトが固まった段階でパッケージ機能を使ってデータを収集・整理しましょう。
収集したデータはドキュメントのファイル名がついたフォルダにまとめられます。原稿整理やデータ入稿のときに利用してみてください。
パッケージするときのオプション項目については、下記アドビのホームページを参考にしてみてください。
https://helpx.adobe.com/jp/indesign/how-to/package-data-print.html


【画像のカラーモードについて】
ご存知のように、一般的なオフセット印刷ではCMYKモードでカラー管理を行います。
印刷する紙質により、色の再現性がだいぶ変わりますから、可能であれば色校正をとるのが望ましいでしょう。
Photoshopで色調補正をする時は、カラーサンプラーツールを併用すると便利です。クリックした範囲の色情報を数値で確認できますので、レベル補正やトーンカーブで調整するときの参考にしてみてください。
また、印刷色にシビアな案件の場合、印刷会社に色調補正を依頼する方が確実かもしれません。ご予算のこともあると思いますので可能でしたらご検討ください。

【塗り足しとマージン、オブジェクトの位置情報について】
一般的な印刷では、天・地・小口(こぐち)の断裁面から3ミリ程度塗り足しを作ります。
塗り足しの設定は[ファイル]メニューの[ドキュメント設定]から設定できますので確認してみてください。

ドキュメント設定では、マージンガイドの余白設定も確認できます。天・地・ノド・小口それぞれの余白を個別に設定できます([レイアウト]メニューの「マージン・段組」からも設定できます)。

オブジェクトの位置や大きさを確認したり、移動・変形したいときは、画面上部の[コントロール]パネルまたは[変形]パネルを利用すると便利です。
オブジェクトを選択した状態で、パネル上の基準点を元に、X軸/Y軸、幅/高さを確認したり、基準位置にあわせてオブジェクトの大きさ調整ができます。

【PDFの書き出しについて】
塗り足し・トンボ付きのPDFを書き出したい時は、PDFの書き出し設定をカスタマイズします。
「圧縮」で、解像度を「350ppi」に。「トンボと裁ち落とし」でカラーバー以外のトンボ設定をオン、「ドキュメントの裁ち落とし設定」をオンにしましょう。
また、「一般」で「書き出した後PDFを表示」をチェックしておくと、書き出し完了後、自動的にPDFが開きます。PDFをチェックするときに便利ですのでぜひご利用ください。

カスタマイズした設定を今後も使いたいときはプリセットとして保存できます。
保存したプリセットは書き出し画面や、[ファイル]メニューの「PDF書き出しプリセット」からも利用できます。

他のパソコンと設定を共有したいときは「PDF書き出しプリセット」の「定義」から設定をジョブオプションファイルとして保存できます。
このジョブオプションファイルを他のパソコンにコピーし、「定義」画面から読み込めばOKです。
このレッスンノートを書いたコーチ

ソフトの基本操作から印刷発注のノウハウまで、デザインのプロに学ぶ!

新着レッスンノート

現在進められている冊子についての確認や、作図機能の不明点などをご案内しました。 【表現の強弱について】 著名人の言葉や本文の一節を書籍の冒頭に引用して、読者に印象づける手法がありますね。 大事な言葉だからと、ついついデザイン処理を加えて強調したくなりますが、強すぎるデザインは、かえっ...

ご経験などを伺いながら、InDesignで作業する際の不明点などをご案内しました。 【テキストデータの配置】 Wordなどのテキストデータを直接InDesignに配置する時、2つの方法があります。 1)画面の任意の場所をクリックして配置 画面で何も選択していない状態で、「ファイ...

制作中の冊子のデータを印刷会社へ入稿する時の注意事項を中心にお話ししました。また、個別の機能に不明点についても随時確認していきました。 【テキストフレームの余白設定】 「テキストフレーム設定」のフレーム内余白は、「コーナーオプション」で角丸などを設定していると、各辺を個別に設定できなく...

お手持ちのパソコンへIllustratorをインストールするための環境確認と、制作物のレイアウト手順やテンプレートファイルを作る手順などを見ていきました。 1)Illustratorをインストールするための環境作り お手持ちのノートパソコンは年式的にも、実装メモリ的にも、Ill...

当初は InDesign でのご相談でしたが、今回のケースは Illustrator の方が良さそうですね。まずは Illustrator を覚えてみましょう。 今日の体験レッスンでは、お渡ししたプリントを元に実際に操作しながら名刺のレイアウトを体験していただきました。 主に使った機能...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta