サイタWeb・デザインスクールInDesign教室 東京 InDesignで本づくり教室 レッスンノート IllustratorとInDesign

IllustratorとInDesign

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

IllustratorとInDesignの違いについてご案内しました。

【ページ機能について】
Illustratorのアートボードとは異なり、InDesignではそれぞれのページが独立しています。ページを編集するときに他のページを意識することなく、見開き単位で作業に集中できるのがInDesignの利点でもあります
(Illustratorのアートボードでは、各アートボードが独立していないため、編集中に別のアートボードにも影響を及ぼしてしまうことがあります)。

ノンブルや柱見出しなど、各ページに共通する要素は「マスターページ」で管理すると効率的です。

例えば全ページに共通する定型のテンプレートをつくるときは、マスターページでレイアウトして、各ページをオーバーライドすれば良いでしょう。
ただし、ご覧いただいたように、ページの移動が発生したときは、マスターページ上のアイテムが、ページレイアウトに思わぬ影響を及ぼすことがあります。
マスターページに配置するアイテムは、できるだけ共通要素に絞る方が効率的でしょう。
あわせて、レイヤーを併用するとさらに効率的に作業できると思います。
色々試して検討してみてください。

【テキスト変数の利用】
柱見出しやインデックスなど、各ページに共通する要素の中でもバリアブルな、変化する要素があります。
そうした箇所には「テキスト変数」を利用すると便利です。

【段落スタイル・文字スタイル】
段落スタイルや文字スタイルは、文字の大きさやフォント、字間や行間などの設定をまとめたものです。
例えば本文見出しなど、最初に書体や大きさなどのデザインを決定し、それをスタイルに保存します。
そのスタイルを他の見出しに適用すれば、誌面のデザインテイストを統一するのに効率的です。
また、変更があったときにも、個別の見出しを選ぶことなくスタイルを編集することで一括して処理できる便利な機能です(例えば、ゴシック体から明朝体へ……などの変更もスタイルを編集すれば一括で処理できます)。

Webの知識がある方には、段落スタイルと文字スタイルはCSSとほぼ同じ、とご案内しています。
段落スタイルはブロックレベル要素、文字スタイルはインラインレベル要素に作用するスタイル設定、と考えていただいて良いでしょう。
WebのCSSほど厳密に作り込む必要はありませんが、基本的にはInDesignのテキストはスタイルで管理すると便利だと覚えておいてください。

さらにInDesignのスタイルは、単に体裁を整えるだけの機能ではありません。
前述のテキスト変数をはじめ、正規表現検索や正規表現スタイルなど、レイアウトを効率的に進めるための要素として活用できます。
ぜひ研究してみてください。

【IllustratorとInDesignの併用】
本当に正直な話をすると、レイアウトやデザイン性の自由度、という観点から考えると、InDesignメインユーザーの私から見ても、Illustratorの方に軍配が上がります。
「デザインする」ことに関しては、Illustratorの自由度や柔軟性にはかなわないかもしれません。
ただ、主にIllustratorでレイアウトを行う場合でも、InDesignを併用するメリットは多々あります。
ご案内したように、見開きでレイアウトしたIllustratorドキュメントをInDesignに配置することで、見開き・単ページ両方の出力に対応できます。
運用によっては、ノンブルのみInDesignで処理する、という方法もありだと思います。
当面の現実的な手段として、得意なIllustratorをメインに利用しながら、InDesignを併用し、少し負担を軽くするという方向も検討してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

ソフトの基本操作から印刷発注のノウハウまで、デザインのプロに学ぶ!

新着レッスンノート

現在進められている冊子についての確認や、作図機能の不明点などをご案内しました。 【表現の強弱について】 著名人の言葉や本文の一節を書籍の冒頭に引用して、読者に印象づける手法がありますね。 大事な言葉だからと、ついついデザイン処理を加えて強調したくなりますが、強すぎるデザインは、かえっ...

ご経験などを伺いながら、InDesignで作業する際の不明点などをご案内しました。 【テキストデータの配置】 Wordなどのテキストデータを直接InDesignに配置する時、2つの方法があります。 1)画面の任意の場所をクリックして配置 画面で何も選択していない状態で、「ファイ...

制作中の冊子のデータを印刷会社へ入稿する時の注意事項を中心にお話ししました。また、個別の機能に不明点についても随時確認していきました。 【テキストフレームの余白設定】 「テキストフレーム設定」のフレーム内余白は、「コーナーオプション」で角丸などを設定していると、各辺を個別に設定できなく...

お手持ちのパソコンへIllustratorをインストールするための環境確認と、制作物のレイアウト手順やテンプレートファイルを作る手順などを見ていきました。 1)Illustratorをインストールするための環境作り お手持ちのノートパソコンは年式的にも、実装メモリ的にも、Ill...

当初は InDesign でのご相談でしたが、今回のケースは Illustrator の方が良さそうですね。まずは Illustrator を覚えてみましょう。 今日の体験レッスンでは、お渡ししたプリントを元に実際に操作しながら名刺のレイアウトを体験していただきました。 主に使った機能...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta